stellacafe

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stellacafe

老後、介護、育児など生活に関する悩み解決に向けて、ナースの視点を活かして情報発信します!

MENU

老け顔の原因はクマだった!?効果テキメン!目の下のクマを消す方法

初めて当サイトをお越しの方はこちらから1.stellacafeって何?生活の悩み解決にむけて情報発信しているサイトです。  
2.窃盗に不倫も!ゲスいママ友トラブルを経て学んだ賢い付き合い方 
3.育児ノイローゼに繋がる5つの原因を徹底解説!みさえに学ぶ9つの育児ストレス対処法

スポンサードリンク


f:id:stellacafe7:20161212125500j:plain

目の下にクマがあるだけで一気に老け顔になってしまいます。

クマがコンプレックスになって、表情が暗くなっていませんか?

表情が暗くなると、更に老け顔になってしまいますよ。

大丈夫!クマを消すための方法は色々あるんです!!

クマの事を詳しく知って、あなたのクマに合った対処法を行い、自信を取り戻しましょう!!

目の下のクマが消えるだけで、もっと素敵なあなたになれます(´▽`*)

クマの3つの種類と原因

目の下の部分が青く見えたり、黒く見えたりする事を「クマがある」と言いますね。

実はクマには3種類あるのを御存知ですか??

そして、その種類によって原因は全く異なっているのです。

順番に説明しますね。

 青クマの原因

目の下が青っぽく見えるクマを「青クマ」と言います。

目の下の皮膚は他の部分と比べてとても薄く、卵の薄皮程度しかありません。

そのため皮膚の下にある毛細血管の色が透けて見えます。

なので目の下の血流が悪く血液がうっ血している場合は、そのうっ血している血液の影響で青いクマとして現れます。

以下のような事が青クマの原因となります。

パソコンやスマホの使用により目を酷使している

冷え性

貧血

タバコを吸っている

運動不足

寝不足

栄養不足

ストレス

肩こり   など

「青クマ」は若い女性に多く見られます。

「青クマ」は日頃のケアや生活習慣を改めることで改善しやすいクマです。

茶クマ

目の下が茶色っぽく見えるクマを「茶クマ」と言います。

目の周囲の皮膚は薄くデリケートですので、色素沈着を起こしやすく、それが茶色いクマとして現れる場合があります。

以下の事が茶クマの原因となります。

目をこする癖がある

メイククレンジングが不十分

UVケアを怠っている  など

黒クマ

目の下が黒っぽく見えるクマを「黒クマ」と言います。

加齢により目の周囲の筋力が衰えると、それが「目のたるみ・くぼみ」となり、目の下に凹凸が出来ます。

その凹凸により出来た影が黒いクマとして現れます。

以下の事が黒クマの原因となります。

長年、目元のスキンケアを怠ってきた

★パソコンやスマホで目を酷使している

★表情が乏しい

★偏食、過度のダイエットをしている

30代後半から40代にかけて出来始める人が多いです。

 あなたはどのタイプ??クマ診断

青、茶、黒といっても、実際に自分はどのタイプのクマなのか分からないという人もいる思います。

クマのタイプの見分け方を説明します。

 青クマ

青クマは、血液の色が映って青く見えているので、皮膚を引っ張るとクマは薄くなります

コンシーラーやファンデーションで隠すことが出来ます。

茶クマ

茶クマは皮膚そのものに、色素沈着を起こしているので、皮膚を動かすと茶色いクマも一緒に動き、薄くなることはありません

コンシーラーやファンデーションで隠す事が出来ます。

黒クマ

黒クマは、皮膚の凹凸による影ですので、皮膚を引っ張ると見えなくなります

影なので、コンシーラーやファンデーションで隠すことは出来ません

その他の病気

これまで3種類のクマについて説明してきましたが、実はクマは病気のサインだったという事があります。

クマが出来る可能性のある病気と、その病気の他の症状を説明しますので、心当たりのある人は一度受診しましょう。

病気

その他の症状

鉄欠乏性貧血

爪が反り返る、氷が異様に食べたくなる、

体がだるい、動くと息切れがする、頭痛、眠気

バセドウ病

異様に汗をかく、動悸がする、下痢、イライラする、食欲増加するのに痩せる、疲れやすい

肝臓の病気

体に症状が出にくい、重症な場合に倦怠感、

食欲不振などが現れる

腎臓の病気

浮腫み、体がだるい、おしっこが白く濁る、たちくらみ、尿量が少なくなる

うつ

憂鬱、集中力低下、やる気が起きない、不眠

クマのタイプ別ケア方法

青クマのケア方法

青クマは、体の血液の流れを良くしてあげる事が一番の解決策となります。

ホットパック

タオルを濡らし電子レンジで1分ほど温めホットタオルを作りましょう。

そのホットタオルで目の周囲を温めます。

電子レンジから取り出すときは、とても熱くなっているのでやけどに注意しましょう。

タオルが熱すぎると、皮膚への負担になります。

適度に冷ましてから使用しましょう。

目の周囲のマッサージ

目の周囲をマッサージをすることで、血流をよくましょう。

マッサージは中指と薬指の腹を使います。

目の周囲の皮膚はとてもデリケートですので優しく行いましょう。

また、摩擦によるダメージを防ぐため、アイクリームやマッサージオイルを使用しましょう

始めに目の下からマッサージします。

優しく指で押さえるように目尻から目頭に向けて行います。

そして、今後は目の上ですが、目頭~目じり~こめかみに向かってマッサージします。

これを4~5回繰り返しましょう。

f:id:stellacafe7:20161212125555p:plain

 リンパマッサージ

顔のリンパマッサージをすることで、顔に老廃物が溜まるのを防ぎます。

目の下の血液のうっ血予防にも繋がります。

頭全体を両手で包み込み、気持ちの良い強さで揉みほぐします

耳を揉みほぐします。

耳の下から鎖骨に掛けて優しくなでます。

鎖骨の外側から、内側にかけて優しくなでます。

リンパは皮膚の3~4mm下を通っているので、優しくマッサージするだけで十分効果が得られます。

摩擦による皮膚にダメージを防ぐために、マッサージオイルを使用しましょう。

【CODINA】バージンアルガンオイル配合。17種類もの植物の恵をぎゅっと凝縮したプレミアムマッサージオイル

f:id:stellacafe7:20161212125651p:plain

ツボ押し

★晴明(セイメイ):目頭の横にあるくぼみ

瞳子膠(ドウシリョウ):目尻のすぐ横にある小さなくぼみ

★四白(シハク):目の真ん中あたりの骨のへりから、少ししたの部分にあるくぼみ

★太陽(タイヨウ):左右のこめかみあたりにあるくぼみ

f:id:stellacafe7:20161212125906p:plain

 美顔器の使用

今は様々な美顔器が登場しています。

顔の血流を良くするのにお勧めなのは美顔ローラーです。

顔の上をコロコロ転がすことで、リンパや血液の流れを良くし老廃物を体外に流すお手伝いをしてくれます

 そして、美顔ローラーといえば、やはりReFaでしょう!

ReFaの美顔ローラーは、ソーラーパネルから発電した微弱電流を、マッサージしながら肌に送り込むことで、効果を倍増させる力があるのです。

これが、他の美顔ローラーと大きく異なる点です。

是非一度、試してみて下さい。

 

私も、ReFaの美顔ローラー愛用者です。ReFaのコロコロ肌に転がした時の、キュッと肌に吸い付く感じは、本当にクセになります。

 

 
アイケア

ビタミンK入りのアイクリームは、血行促進の効果があります。

また、パソコンなどで目を酷使した後は、ホットパックで目を癒してあげましょう。

メイクのポイント

青クマはオレンジ系のコンシーラーが効果的です。

コンシーラーは、パウダーファンデーション、フェイスパウダーなどパウダー系の前に使用します。

コンシーラーは薄く塗るのがポイントです。

濃く塗るとファンデーションが崩れやすくなります。

コンシーラーは指の腹で、ポンポンと叩くように使用しましょう。

生活習慣の注意点

冷え性になると体の血流が悪くなります。

そのため冷え対策をしましょう。

・冷たいジュースやアイスを摂り過ぎない。

・お風呂にゆっくり浸かる

・冷房の効いた部屋では、カーディガンや靴下を着用する

・温かい食べ物を食べるように心掛ける

・運動する習慣を作る

タバコも全身の血流を悪くしますので禁煙しましょう。

パソコンやスマホを長時間使用するのは避け、適宜休憩しましょう。

ブルーベリーなどに含まれる「アントシアニン」という成分は、眼精疲労に効果がありますので取り入れてみましょう。

ストレスや寝不足になると、交感神経が刺激され、全身の血管が収縮します。

そのため全身の血流も悪くなるので、しっかり睡眠をとりましょう。

逆にリラックスすると、副交感神経が刺激され、全身の血液の流れが良くなります。

ストレスを溜めず、リラックスできる方法を見つけましょう。

貧血も青クマの原因となります。貧血予防をしましょう。

バランスの良い食事をしっかりと摂る事で貧血を予防しましょう。

貧血に効果のある栄養素

葉酸

葉酸は血液の成分である赤血球の生成に必要となります。

葉酸を含む食材:いわし、納豆、レバー、イチゴ、アボカド、枝豆など

しかし、葉酸は熱に弱く、体への吸収も悪い為サプリメントで摂取することが推奨されています。

鉄分

鉄分は血液の成分であるヘモグロビンを生成するのに必要となります。

鉄分を含む食材:レバー、あさり、小松菜、納豆など

ビタミンC

ビタミンCは鉄分の働きを良くする働きがあります。鉄分と一緒に摂取するようにしましょう。

ビタミンCを含む食材:パプリカ、パセリ、芽キャベツブロッコリーなど

ビタミンE

ビタミンEは、全身の血行を良くしたり、質の良い赤血球を作るのを助ける働きがあります。

ビタミンEを含む食材:アーモンド、ヘーゼルナッツ、オリーブオイル、いくらなど

美容皮膚科で消す

クマがとてもコンプレックスだという方は、美容皮膚科に行くのも一つです。

レーザーやラジオ派を当てる事で、目の下の血行を促進し青クマを消す方法があります。

体に傷をつける心配もなく安全性の高い治療法です。

レーザーの種類によっては一回1万円以下で受けられるものもあります。

 茶クマのケア方法

茶クマは色素沈着が原因で起こります。

そのため美白ケアをすることが大切になります。

UVケア

外出する際などは、紫外線対策をしっかりしましょう。

美白ケア

基礎化粧品や化粧品は美白効果のあるものを選びましょう。

保湿ケア

乾燥も色素沈着を助長させます。

しっかりアイクリームを塗り保湿に努めましょう。

マッサージはダメ!!

茶クマは目の周囲をこする事で、更に増強しやすくなります。

そのためマッサージが、逆に悪影響となるのでしてはいけません。

また、目をこする癖のある人は、その癖をなくすようにしましょう。

メイクの落とし方

目の周囲をこすると茶クマの原因となります。

また、十分に化粧が落とし切れていない場合も、色素沈着の原因となりますので注意が必要です。

特にアイメイクが濃い人の場合は、クレンジングでゴシゴシ擦ったり、逆にメイクが落とし切れていないという事はありませんか?

このような場合は茶クマに直結しますのですぐに止めましょう。

使用中の化粧品でアイメイク専用のリムーバーが売られている場合は、そちらを使用しましょう。

~アイメイクの落とし方~

コットンにしっかりとリムーバーを浸み込ませ、そのコットンを10秒ほど目元に当てます。

コットンでまつ毛を摘み、優しくマスカラを取りましょう。

メイクのポイント

茶クマの人はイエロー系のコンシーラーが効果的です。

コンシーラーは、パウダーファンデーション、フェイスパウダーなどパウダー系の前に使用します。

コンシーラーは薄く塗るのがポイントです。

濃く塗ると、ファンデーションが崩れやすくなります。

コンシーラーは指の腹で、ポンポンと叩くように使用しましょう。

 

美白を促す食事

美白を促す栄養素を摂取することで、体の内側から美白ケアをしましょう。

美白効果のある栄養素

ビタミンC: トマト、柑橘類、パプリカ、アセロラなど

ビタミンE:アーモンド、ヘーゼルナッツ、オリーブオイル、いくらなど

βカロテン:ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリーなど

リコピン:トマト、スイカ、グレープフルーツなど

アスタキサン:サーモン、エビ、カニ、いくらなど

エラグ酸:ザクロ、ベリー系など

システイン:大豆、ハチミツなど

美容皮膚科で消す

クマが大きなコンプレックスだという方は、美容皮膚科に行くのも一つです。

治療法としては、高濃度ビタミンCを点滴する方法があります。

高濃度のビタミンCを点滴することで、高い美白効果が期待できます。

1回約5000円で、月2回程度通うことで効果が得られると言われています。

また、ケミカルピーキングといって、古い角質を除去することで、肌のサイクルを整えるという治療法も茶クマには効果があるとされています。

 黒クマのケア方法

黒クマは、目の周囲の筋力の衰え、コラーゲン不足によって起こりますので、その2点を克服しましょう。

目の周囲の筋力トレーニング

目をギューッとつむり5秒キープします。

その次は思いっきり大きく目を開きます。

これを5回ほど繰り返しましょう。

他にも、下まぶたを下に引き下げる、上まぶたを上に引き上げるのを意識しながら目を広げるという動作を繰り返すのも、目の周囲の筋力トレーニングになります。

隙間時間に取り入れましょう。

表情豊かに!!

無表情だと、顔の筋肉を使わないので、どんどん筋力が落ちて老け顔になってしまいます。

日頃から表情豊かに過ごし、顔の筋肉を使いましょう。

アイケア

黒クマは保湿とハリに効果がある基礎化粧品を使用しましょう。

乾燥するとシワの原因になります。

シワが出来ると更に顔の凹凸が強調されるので、保湿がとても大切になります。

ハリを取り戻すには、ヒアルロン酸、コラーゲンを多く含む基礎化粧品を選びましょう。

むくみ予防

むくみも黒クマを助長させる要因となります。

浮腫み予防に関してはこちらの記事をご覧ください。

www.stellacafe7.com

食生活を見直す

過度なダイエットや偏食により、栄養バランスが崩れると、肌のハリが失われ、目の周囲の皮膚が痩せることで黒クマが余計目立つ場合があります。

一日3食バランスの良い食事を心掛けましょう。

特に鉄分、ビタミンC、コラーゲン、ポリフェノールは肌のハリに効果がありますので、積極的に取り入れましょう。

鉄分を含む食材:レバー、あさり、小松菜、納豆など

ビタミンCを含む食材:トマト、柑橘類、パプリカ、アセロラなど

コラーゲンを含む食材:手羽先、鶏軟骨、牛すじ、鮭、うなぎ、いわしなど

ポリフェノールを含む食材:ブルーベリー、すもも、いちご、チョコレート、納豆など

メイクのポイント

黒クマは影によって出来るので、コンシーラーで消す事はできません。

アイメイクをしっかりするなどで、クマ以外の部分に視線がいくようなメイクをしましょう。

美容皮膚科で消す

クマが大きなコンプレックスだという方は、美容皮膚科に行くのも一つです。

治療方法と費用について説明します。

ヒアルロン酸注入

目のたるんだ部分にヒアルロン酸を注入することでクマを消します。

しかし、ヒアルロン酸は、体に吸収されるため効果が永遠に持続するわけではなく、定期的に行う必要があります。

一本5~10万円程度です。。

脂肪溶解注射

目がたるむと、目の下にポコっとした凹凸が出来る場合があります。

これは人の目の下には眼窩脂肪という脂肪があるのですが、その脂肪がたるみにより押し出された事で出来ます。

脂肪溶解注射は、その脂肪を注射によって溶かすことでクマを消す治療法です。

一回約5万円で、個人差はありますが、3回ほど行うと効果が感じられるそうです。

他にも、ラジオ派を当ててハリを改善することで、黒クマを消す方法もあります。

 まとめ

クマには3つの種類があり、そのクマの種類によって原因や対処法も異なります。

マッサージが効果的なクマもあれば、マッサージが悪影響となるクマもありますし、メイクの注意点も異なります。

必ず、自分のクマのタイプを知って、正しい方法でケアをしてください。

そして、クマを消して一段と素敵なあなたになってください