stellacafe

ナース・ミントの悩み解決クリニック

育児・介護をはじめとした生活の悩みを解決する看護師ブログです。

MENU

ブラック病院から抜け出す方法!転職でストレスフリーな看護師になろう!

初めて当サイトをお越しの方はこちらからナース・ミントの悩み解決クリニックって何?当サイトの自己紹介!

スポンサードリンク


f:id:stellacafe7:20170622084049j:plain

・残業・時間外労働なし

・きちんと休憩も取れる

・残業した時にはきっちり残業代が支払われる

こんな職場で働きたくないですか?

私は転職によってこのような労働条件が実現しました。

転職前に働いていた病院は、

・残業代なし

・休憩がとれない

・時間外労働が多い

といういわゆるブラック病院でした。

当時の私は病院の待遇には不満がありましたが、これが「社会の常識」なのだと病院に刷り込まれていました。

だから文句を言いながらも病院の不当な扱いを受け入れていたのです。

しかし転職をきっかけに今まで働いていた病院がいかに異常であり、また自分に刷り込まれていた「社会の常識」がいかに非常識だったのかということに気づきました。

そして転職をした今、ゆとりあるライフワークバランスでストレスフリーな働き方が実現しています。

あなたも我慢せずに一歩踏み出して、今の生活と全く違うあなたらしい生活を送りましょう。

私が働いたブラック病院の実態

f:id:stellacafe7:20170621102959j:plain

私が看護学校を卒業して最初に働いていた病院のブラックな実態を報告します。

あなたの働いている病院と重なる部分がないか確認してみましょう。

もし以下の内容をみて「いやいや、世の中そういうものでしょ」と思った方は、病院に間違った「常識」を刷り込まれているということになります。

 残業代が出ない

残業代は一切出たことがありません。

超勤をどの用紙に書いたらいいのかという説明も受けませんでしたし、先輩たちも誰一人超勤を記録する人はいませんでした。

日勤で16時台に入院が来たとしても「残業はその人の能力の問題」という言葉で片付けられました。

途中でタイムカードの機械が導入されたのですが、機械を通した時間が超勤になってしまうから17時になったら一回タイムカードを押しに行くようにと言われました。

そのため残業がある場合は17時に一度タイムカードを押しに行き、再び病棟に戻って残りの仕事をしなければなりませんでした。

この状況にみんな文句を言いながらも従順に従っていました。

残業・時間外勤務が多い

残業・時間外労働もかなり多かったです。

急性期の病院の場合、定時で終わることってほとんどありませんよね。

一度16:30から翌日の17:30まで働いたことがあります。

これは夜勤で大量に入院が来たため、勤務終了後から16時間分の記録をすることになり、やっと記録が終わったと思っていたら看護研究に関する師長さんからの指導が入ったことで25時間労働になったんですよ。

でもこれって看護師あるあるじゃないですか?

ほかにも委員会や病棟会のため休日や夜勤明けに出勤しなければならないことも多々ありました。

私の働いていた病院は学会発表にとてつもなく力をいれていたので、締め切り間近になったら毎日終電、休日出勤が当たり前でした。

しかも常に残業代、時間外手当0ですよ!

休憩がとれない

休憩がとれないということもよくありました。

患者さんの重症度が高かったり、急変が起きたりした時は仕方ないんですけど、あきらかに看護師の数が足りていなくて休憩がとれないということもよくありました。

私の働いていた病院は絶対に母体搬送・新生児搬送を受け入れるというポリシー(?)がありました。

このようにいうとむちゃかっこいいですよね。

ドラマ「救命病棟24時」の進藤先生みたいです。

ただ規定のベッド数よりはるかに超えた人数の赤ちゃんを受け入れていたので、赤ちゃんの数に対しての看護師の数が全く足りていませんでした。

そのため夜勤中でも休憩が取れないだけでなく、「いつか医療ミスで殺してしまうかもしれない」という恐怖心とも隣り合わせでした。

安全のためにもスタッフの数だけはきちんと確保してほしかったです。

前残業が多い

業務のタイムスケジュール内に患者の情報収集の時間、点滴準備の時間が組み込まれていないため、必然的に前残業して準備するしかありませんでした。

そのため勤務1時間前くらいには出勤してみんな黙々と情報収集をしたり、点滴準備をしたりしていました。

有休休暇が使えない

有休休暇は全く使えませんでした。

入社後、有休について説明は一切なかったので「そもそも有休って何?普通の休みと何が違うの?」という感じでした。

3年目でも責任番をしないといけない

私の働いていた病院はこのようにかなりのブラックなので長続きする人が少ないです。

そのため3年目にもなると「一人前」とみなされ、夜勤とか休日の時は師長代理もしていました。

当時の病院の看護師平均経験年数4年ですからね。

どんだけベテランおらんね~ん!って感じですよね。

シフトによっては3年目の自分と、あとは1,2年生だけということも・・・。

今振り返るとマジで恐ろしいです。

妊娠希望を申告しないといけない

私の働いていた病院では年に2回師長さんと面談があったのですが、面談カードには

・結婚の予定

・妊娠の希望

を書く欄がありました。

これは人事の参考のためらしいです。

どう参考にするのか不明ですが、職場にそこまで管理されなきゃいけないの?って感じですよね。

退職させてもらえない

退職希望を伝えても簡単には辞めさせてもらえません。

色々な条件を出されたり、説得させられたり、中には「あなたはワガママですよ」と言われた人もいました。

私も辞める時に日付の先延ばしなどを言われたりしましたが、退職した先輩から「ちょっとでも話を聞き入れたら、絶対に退職できなくなるで」と聞いていたので、心を「無」にして絶対に首を縦にふらないようにしました。

ブラック病院の一番怖いところ

f:id:stellacafe7:20170621103028j:plain

ブラック病院の一番怖いところは先ほどのような不当な扱いを「社会はこういうものだ」と刷り込んでくるところです。

当時この病院で働いている全員が労働環境に不満をもっていました。

しかし不満を持ちながらもどこかで「社会はこういうもの」という刷り込みがされてしまっているために、なんだかんだ言いながら不当な扱いを受け入れてしまっていたのです。

本来なら「法律ではこうだけど、社会はこういうものなんだよ」っていう発言に対し、「それっておかしいじゃん!」となるべきはずなのに、「そうだよね。社会はこういうものだよね。」となってしまう空気の力って本当に怖いんです。

今一度あなたも病院の「常識」に洗脳されていないか、あなたの持っている「常識」を疑ってみましょう。

妊活のために転職を決意

f:id:stellacafe7:20170621103141j:plain

ついに転職を決意したのは4年目の時です。

結婚して1年経ち、妊娠したいなと思い始めたことがきっかけでした。

当時の私は生理不順だったので、産婦人科に通うことにしました。

産婦人科で「妊活したいんですけど、生理不順で・・・」という話をすると、当然のことながら「まずは基礎体温つけて」といわれるわけです。

それで基礎体温を付けようと試みますが、夜勤が間に入ってくるので全然正確に測れない。

それに排卵日前になってくるとエコーで卵胞の大きさを測ったりするので、2~3日続けて受診しないといけなかったりします。

そうなると診察時間までに仕事を終わらせないといけないというプレッシャーもあり、通院自体がストレスに感じるようになりました。

しかも「この日がチャンスだ!」となっても、その日夜勤だったら来月に持ち越しになるわけです。

今の環境では妊活は無理だと確信したので、転職することを決意しました。

(この時点ではまだ洗脳は解けていません(;^ω^))

転職して驚いたこと

f:id:stellacafe7:20170621103256j:plain

私は透析クリニックに転職し、日勤のみ8:00~16:30という労働条件に変わりました。

この転職によって自分の今までの「常識」が全て覆されたのです。

その時に驚いたことを紹介します。

残業代が出る

残業代が出るようになりました!

初めて師長さんから「残業したらここに時間を書いてね」と言われた時は戸惑いましたね。

というのも、前の病院では中途入職者が「超勤はどこに書いたらいいんですか?」という質問をしたら「厚かましい」みたいな雰囲気になってたんですよ(; ・`д・´)

そのため「え?私なんか試されてるんちゃん?」みたいに思って、すんなり超勤を書くことができませんでした。(笑)

でも新しい職場は決して私の厚かましさを試していたのではなく、普通に残業代がもらえる職場でした。

残業・時間外ほとんどなし

透析クリニックということもあり残業は基本ありません。

あったとしても15分から長くても30分程度。

そのため妊活のための通院もストレスなく通うことができました。

また時間外も月一回の会議だけ。

会議は平日の出勤日に行われるので休日に出ないといけないということはなくなりました。

有休が使える

有休も当たり前のように使えるようになったんです!

「有休はこの用紙に書いてね」と言われた当初は、どういうときに有休を使ったらいいのか分かりませんでした(笑)

そのためずっと有休を使用せずにいたら、師長さんから「有休を使わないといけないんやけど、希望ないならシフトに入れていっていいかな?」と聞かれました。

初めて有休をもらった時は「おぉ~!これが噂の有休かぁ!」と感動しました(笑)

ベテランママさんナースが沢山

働きやすい病院はみんな辞めないし、子育てしながらも働けるので自然とベテランナース、ママさんナースが多くなります。

そのため4年目の私なんて超若い部類!

自分の周りには沢山の先輩がいるので、常に安心して働くことができるようになりました。

転職したら生活も変わったよ!

f:id:stellacafe7:20170621103345j:plain

転職して仕事の環境が整ったことで、自分の生活も変わりました!

仕事前日の憂うつ感がない

ブラック病院で働いている時は仕事の前日は夕方くらいから憂うつで仕方ありませんでしたが、転職後はこのような憂うつ感がなくなりました。

ブラック病院の時は「明日リーダーやぁ。」とか「明日スタッフの数少ないから忙しいやろうなぁ。」とか、そういうことで頭がいっぱいで、考えれば考えるほど「仕事いきたくな~い:;(∩´﹏`∩);:」ともなってました。

しかし転職後はそのような不安感から解放されたので、仕事前日でも全く憂うつになることがありませんでした。

慢性的な疲労感からの解放

休憩なしの夜勤、会議のための休日出勤、その他もろもろのせいで感じていた慢性的な疲労感がなくなりました。

そうすると日常生活にも活気がでるようになり、今までないがしろにしていた掃除や片付けもきちんとするようになりました!

家の中がきれいに片付くと気分も良いですよね!

さらに気持ちが明るくなるという好循環が生まれました。

新婚生活を満喫

満喫っていったら大げさなんですが、ちゃんと晩御飯を作れるようになりました!

ブラック病院で働いていた時は帰宅時間も遅いし疲れ果ててるしで、とてもご飯を作る気にはなれずクックドゥの回鍋肉と白飯のみ!ということも多々ありました。

しかし転職後は17時ごろには帰宅できるようになったので、ちゃんと一汁三菜を作れるようになりました( *´艸`)

旦那さんも晩御飯を楽しみにしてくれるようになりましたよ! 

妊活が計画的にできる

転職後は残業のせいで受診できないということもないし、夜勤で無意味に排卵日を見送るということもなくなり精神的なストレスが減りました。

精神的なストレスが減った・夜勤がなくなったことで生理も周期的にくるようになり、また栄養バランスのとれた食事も食べるようになったこともあり(きっと多少関係してると思います)転職して約1年後に妊娠しました。

転職を通して学んだこと

f:id:stellacafe7:20170621103412j:plain

転職して学んだことは

・労働者を大事にしている病院もあるということ

・環境の整った職場で働くと生活の質もあがるということ

です。

残業代がつかないことや、異常な時間外労働に対して「社会ってそういうもの」って受け入れていた自分を反省。。。

常識って自分の経験をもとに作られた狭い世界でしかないんですよね。

一歩外に踏み入れると、自分が思い込んでいた「常識」がいかにおかしいことだったのかが分かりました。

それに自分の労働環境が整うだけで、生活の質も大きく変わるんだってことを実感!

今は保育園事情によって違う病院で働いていますが、今の病院もベテランナース、ママさんナースが多くて9年目の私でやっと「中堅」。

3年生が一番上になるなんてありえないんですよね。

ブラック病院を一発で見抜く方法は、看護師の経験年数ですね!(笑)

看護師の平均年齢がやたら低い病院は、何かしらのブラック事情があるからみんな辞めていくってことです。

逆にママさんナースが多い病院は、子育てしながらも働ける環境=労働環境が整っているということになります。

*ちなみに私の働いていたブラック病院は、私が退職した数年後、新入社員が内部告発したことで労働基準監督署の監査が入ったそうです。

転職で自分らしい生活を手に入れよう

f:id:stellacafe7:20170621103446j:plain

もし今の職場に不満を感じている、ましてや私が働いてたブラック病院と重なる労働環境であるという場合は転職しましょう。

今まであなたが「社会ってこういうものだから」と思って我慢してきたことが、まったく必要のない我慢だったことに気づくはずです。

今一度あなたが無意識のうちに刷り込まれた「常識」を疑ってみましょう。

そしてあなたの労働者としての権利が守られて、かつあなたらしいストレスフリーな生活が送れるような職場を探しましょう。

ちなみに私が転職の際に使用した転職サイトはこちらです。

【完全無料】ナースフル公式登録ページ
【看護師限定】転職支援サービス

さいごに

看護師は常に好条件の求人が沢山あります。

そのため今の職場に不満があるなら我慢する必要なんてありません。

ましてや法律を遵守していない労働条件の病院で働くなんてやめましょう!

必ずあなたのライフワークバランスにあった、ストレスフリーな職場があります。

そのような職場で楽しく働いてみてはどうでしょうか。

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com