stellacafe

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナース・ミントの悩み解決クリニック

育児・介護をはじめとした生活の悩みを解決する看護師ブログです。

MENU

【男性看護師のリアルな現状】実際に女性社会を上手く生き抜く秘訣を聞いちゃいました!

初めて当サイトをお越しの方はこちらからナース・ミントの悩み解決クリニックって何?当サイトの自己紹介!

スポンサードリンク


f:id:stellacafe7:20170318215351j:plain

男性看護師という職業に興味はあっても、男性看護師は実際にどのくらいいるのかをはじめ、年収や将来性、女性社会で上手くやっていけるのかなど、不安に思うことは沢山あるのではないでしょうか。

ここでは男性看護師を目指すあなたが気になっていることに対して、現場の情報をそのままお伝えします。

また実際に現場で働いている男性看護師に直接インタビューし、仕事に対する想いや女性社会で生き延びるコツなども聞いたので報告します。

これを読めば男性看護師という職業のすべてが分かるので、進路を決める際の参考にしてください。

 実はけっこういる男性看護師

男性看護師は平成16年では31594名だったのが、平成26年には73968名となっており、10年間に倍以上増えていることが分かります。

ただ男女比でいうとまだ1割も満たしていないようです。

男性看護師は全体でみると1割ですが、職場によっては男性の方が多いくらいの職場もあります

看護学生の時に実習で行った精神科は、看護師のほとんどが男性で師長さんも男性でした。

また透析クリニックで働いた時も男性スタッフの方が多かったです。

透析クリニックの場合、看護師自体の男女比は1:3と男性の方が少なかったのですが、臨床工学技士と一緒に仕事をしていたので、トータル的には男性スタッフの方が多かったです。

病院にもよるかと思いますが、私が働いていた透析クリニックは看護師と臨床工学技士の業務内容はほとんど一緒だったので「男性看護師」だから肩身が狭いというようなことはありませんでした。

男性看護師は精神科、透析、オペ室に多い印象がありますが、今では病棟でも珍しいものではなくなりました。

 男性看護師の給料ってどうなの?

給料は男女一緒です。

病院によって基本給は異なりますが、専門学校卒〇〇万円~、看護大学〇〇万円~と最終学歴で分けられています。

認定看護師、専門看護師等の資格をとることでもらえる資格手当、師長などの役職につくことでもらえる役職手当などが給料を上げる手段となります。

年毎の昇給は病院によって異なります。

ちなみに市立・県立の病院勤務になれば地方公務員に、国立病院に就職すれば国家公務員(公務員試験あり)になります。

 男性看護師はいろんな場面で重宝されます!

男性看護師はかなり重要です。

こちらの記事でも男性看護師の必要性に触れていますが

www.stellacafe7.com

 やはり女性だけの職場って、お局さんが幅を利かせててギスギスした独特の雰囲気があります。

そこに男性が一人入ることでそのような嫌な雰囲気が中和されることが多いです。

また精神科に男性看護師が多いのは、患者さんが暴れた際に対応できるようにという目的もありますが、患者さんが暴れるのは精神科だけではありません。

高齢化社会によって普通の病棟でも認知症や夜間せん妄のために暴れる患者さんがいます。

夜間せん妄とは夜間になると意識障害が起きて混乱することなのですが、高齢者に多く今まで頭がしっかりしていた人でも起こることがあります。

この夜間せん妄によって、ベッド柵を外して投げる、点滴を引き抜く、看護師に殴る蹴るなどの暴力を振るってくることがあります。

力加減を失った人の暴れ方は尋常じゃないので、女性看護師だけでは手に負えず当直の男の先生を呼ぶこともあります。

そのような時に男性看護師がいると本当に助かります。

また泌尿器科で働いている友人の話ですが、若い男の子が包茎の手術で入院してきた場合、若い女性看護師は受け持ちにしないようにしているそうです。

今までにクレームや要望があったわけではありませんが、おそらく嫌だろうということで避けているそうです。

泌尿器科の場合、若い男の子でだけでなくおじさんでも女性看護師に抵抗感を感じる人はいます。

観察するために「見せて下さい」と言うと「えぇっ!?」とビックリしてなかなかズボンを脱いでくれない人もいるそうです。

そのような場面でも男性看護師がいると助かります。

正直、女性はそこの「痛い」も想像できませんしね(;^ω^)

男性の患者さんが女性看護師に見せるのを嫌がるのと同様、逆に女性の患者さんが男性看護師に着替えの手伝い等をしてもらうのを嫌がることはあります。

こればっかりは仕方ない。

その辺りはみんなで協力して業務分担するので、気にする必要はありません。

逆に男性看護師を超かわいがるおばちゃん(患者さん)もいます。

男性看護師はおばちゃんキラーも多いのかな?

ちょっとその辺りは分かりませんが、患者目線でも男性看護師のニーズはあります。

後はなんといってもセクハラ患者も多いんです。

セクハラ患者の実態はこちらを参照ください。

www.stellacafe7.com

 きっとどんな場面よりも一番助かるのがこのセクハラ患者への対応かもしれません。

このように男性看護師はいろんな場面でニーズがあります。

 

本当にいろんな場面で男性看護師がいると助かるんです!

 

 

女性社会で上手くいく人といかない人の違い

看護師はまだまだ女性が多い職場になりますが、そのような女性社会で男性看護師が上手くやっていくために大切なことを説明します。

ここで私が知っている男性看護師3人(人間関係が上手く築けていない1人、上手く築けている2人)を紹介します。

その違いを知れば女性社会で上手くやっていくための秘訣がわかります。

一人目 男尊女卑のY君

Y君は看護学校の同級生です。

Y君は元々サラリーマンをしていて脱サラして看護学校に入りました。

同級生で唯一の男性看護師です。

あまり仲良くならなかったので志望動機などは知りませんが、彼はかなり人間関係に苦労しているように見えました。

その理由はプライドの高さです。

プライドが高すぎて女子の中に入っていけないのです。

そして根っからの「男尊女卑」思考があるようで「女性は黙っとけ」「女の分際で」というような感情が言葉の節々に出てくるのです。

Y君以外、全員女性だというのに抵抗なくそのような発言が出るのは、自分の考えに一かけらの疑いも持っていないからなのでしょう。

当然ながら看護学校の3年間、Y君は同級生に打ち解けることはできませんでした。

また同じ病棟に配属になった同期の情報によると、職場でも先輩とのやりとりに苦労していたそうです。

 2人目 誰とも仲良くなれるF君

F君は2つ目の病院で知り合った男性看護師で、高校卒業後に看護学校へ入学して看護師になりました。

F君はこの3人の中で一番女子っぽい要素のある男性です。

自然と女子会に参加できちゃうタイプ。

女医さんとも仲良くなって一緒にご飯を食べに行ったりもしていました。

F君は職種・性別問わず誰にでも平等に接するので、人間関係はスムーズにいっていました。

 3人目 とても人間として出来ているT君

T君は3つ目の病院で知り合った男性看護師です。

病棟で唯一の男性です。

T君も高校卒業後、看護学校に入学し看護師になりました。

T君はとっても優しくていい子なのですが、見た目はギャル男です。

はじめて見た時は「え?この子看護師なの?」とビックリしました。

その見た目から入職当初は苦労したこともあるそうですが、今では病棟一番の愛されキャラです。

仕事はしっかりこなしますし、誰にでも平等に接するし、人の悪口は絶対に言いません。

また新人の子がお局さんに怒られていた時も「それ僕が教えたんです。」と自ら名乗り出ます。

お局さんはT君が大好きなので、それ以上何も言わなくなります。

私はT君を「できた人間だなぁ」といつも感心しています。

そんなT君は医師とも上手にコミュニケーションが取れてます。

仕事もピカイチなので医局長にも気に入られていて、学会などにも何度も誘われていました。(本人はそれを喜んでいるか、迷惑と思っているかは知りませんが)

女性社会で上手くやっている 男性看護師T君に根ほり葉ほり聞いてみました。

T君に男性看護師について根掘り葉掘りきいてみました!

 

 

Q1 なんで看護師になろうと思ったの?

 

 

T君:いやー、一回女の世界っていうのを覗いてみたかったんすよ。

あと女子だけの世界に入ったらモテるんちゃうかなって思ったっす。

 

 

(・・・動機は見た目通りなんだ・・・)

Q2,周りに他にも男の子で看護師になった子とかいるん?

 

 

T君:いないっすよ。こんな女性社会で働いてるの俺くらいっす。

 

 

Q3,そうなんや。看護師なるって言った時、みんなどんな反応してた?

 

 

T君:大爆笑っすよ。(笑)

   看護師なりたいとか、それまで一言も言ってなかったし。

 

 

Q4,実際に看護師になってみてどうやった?あと、女の世界は?

 

 

仕事は楽しいっすよ。女の世界は思ってた感じとは全然違いましたけどね。

なんか女性って独特な人間関係がありますよね。

悪口とかえげつないし。。。

 

 

そんな女性の世界の中で上手いことしてるやん。

 

 

今でこそ馴染めてますけど、最初は大変でしたよ。

僕、髪型もこんなんじゃないっすか。(ギャル男っぽい)

僕としては黒髪にしたから大丈夫やろと思ってたんすけど「なんやアイツ」みたいな目で見られて出だし最悪でした。

 

 

女子は特別、見た目に厳しいからねぇ。

Q5,T君から見た女性看護師ってどう見えてるん?

 

 

T君:男女で視点って違うんやなというのは感じますね。

気になるポイントが違うというか。

でも人のお世話をする上で、女性特有のきめ細かい視点って大事なんやなって思いましたね。

だからそういう点は参考にしてます。

 

 

Q6、んじゃ逆にT君からみた男性看護師ってどう見える?

 

 

T君:んー。なんか男性看護師になる人って女っぽい人多いっすよね。

   多分、僕もそう見られてるんやろなって思います。

 

 

女っぽいとは思ったことなかったけど、まぁ男らしいというよりは、物腰の柔らかい人が多いよね。

穏やかで優しい感じの。

多分そういう性格だから看護師を目指したというのもあるかもしれないけどね。

 

 

T君はしゃべり方も見た目もチャラくて動機も不純ですが、とても勉強熱心で仕事に関しては超真面目です。

そしてとても優しいので今では病棟1の愛されキャラです。

人懐っこい部分もあるので、患者さんからもかわいがられています。

男性看護師が女社会で生きていくための5つの秘訣

性別を気にする人はやっていけない

男尊女卑思考のY君のような発言をしていては、絶対にうまくやっていけません。

また今では女医さんも多いので、性別を気にする人は女医さんの指示のもと動くということにも抵抗があるかもしれません。

Y君とF君T君の大きな違いは、性別に関して悟りを開いている点です。

男女を問わず誰にでも平等で、個人的な感情を抱かない(抱いているかもしれませんが、それを表に出さない)

医師や先輩が女性でも、そこに違和感なく受け入れられるというのは重要です。

女性の生態を知っておく

まだまだ女性が多い看護師の世界、上手く生きていくには女性の生態を理解する必要があります。

先ほどの性別を気にするなというポイントと矛盾してしまいますが、女性特有の考え方などを知っておくと仕事をする上で必ず武器になるでしょう。

T君も言っていましたが、男性と女性では視点が違うことも多々あります

参考になる部分もあるかもしれませんが、理解できない部分もあると思います。

どうしても理解できない時に男性脳と女性脳の違いを知っておくとストレスを溜め込むことも少なくなるでしょう。 

ちなみに男女の違いを知るのにお勧めな本がこちらです。

 

奇抜な格好をすると自分が損する

女性って奇抜な格好をしてくる同僚に対してかなり厳しいので、そのような格好をすると自分が損をします。

奇抜な格好をするだけで「変な人」「常識ない人」というレッテルが貼られ、挽回するのに数か月かかります。

「そんなん気にしねぇ」と思われるかもしれませんが、女性からそのようなレッテルを貼られると、想像以上に厳しい仕打ちが待っています。

なので身だしなみには気を付けましょう。

 勉強熱心である

これは男女関係なく勉強熱心でないとやっていけません。

病態や薬の作用、検査や手術の際の観察点など覚えることは多岐に渡ります。

これらの知識がないと業務自体出来ないので、必然と勉強をせざるを得ないのです。

知識のないままに見よう見まねでしている人は、絶対にどこかで事故を起こします。

しっかり勉強し、知識が豊富な人は周りからも信頼されるようになります。

 マジメに仕事をこなす

こちらも男女関係なく真面目に仕事をこなすことが、快適な人間関係にもつながります。

看護師に限らずどんな職業でも同じことがいえるでしょう。 

まとめ

男性看護師って増えてるの?

男性看護師の給料ってどうなの?

男性看護師は必要とされているの?

男性看護師は女性社会で苦労しないの?

男性看護師に色々質問しました。

男性看護師が女性社会で生きていくポイント

・性別を気にしない

・女性の生態を知っておく

・奇抜な格好はNG

・勉強熱心である

・真面目に仕事をする

合わせてお読みください。

www.stellacafe7.com