stellacafe

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stellacafe

老後、介護、育児など生活に関する悩み解決に向けて、ナースの視点を活かして情報発信します!

MENU

体質改善が妊活成功の秘訣 葉酸サプリで妊娠力をアップしよう!

初めて当サイトをお越しの方はこちらから1.stellacafeって何?生活の悩み解決にむけて情報発信しているサイトです。  
2.窃盗に不倫も!ゲスいママ友トラブルを経て学んだ賢い付き合い方 
3.育児ノイローゼに繋がる5つの原因を徹底解説!みさえに学ぶ9つの育児ストレス対処法

スポンサードリンク


f:id:stellacafe7:20161217181902j:plain

「赤ちゃんが欲しいのになかなか授からない」

「私は妊娠できないかもしれない」

といった悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

そのような悩みをお持ちのあなた!

葉酸サプリ」を御存知でしょうか?

葉酸サプリを飲むことで、妊娠しやすい体質へ変えていく事が出来ます

妊娠力をあげるために自分で出来る事

このサイトをご覧の方は「赤ちゃんが欲しい」という思いを持った、妊活中の方が多いかと思います。

しかし、排卵日に合わせて夫婦生活を行うだけでは、妊娠の確立は案外低いものです。

特に、、、

生活が不摂生

★ストレスが多い

場合、ホルモンバランスも崩れやすく、妊娠の確立は下がってしまいます

ここで、皆さんに取り組んでほしいのが体質改善です。

何をするにも体が資本です!

まずは妊娠しやすい体質を目指しましょう。

それに欠かせないのが葉酸サプリとなります。

葉酸って何なの?

妊活中や妊娠初期は葉酸を沢山摂取しましょうと、ネットや本でよく書かれています。

実は厚生労働省も妊婦への葉酸摂取を推奨しているほど、とても重要なものなのです。

では、そもそも葉酸とはなんなのか。

葉酸はビタミンB群の一種で、体の細胞を作るのに大切な役割を果たしています。

妊活中、妊娠中の葉酸必要量は一日約400μと言われています。

非妊時の女性や男性の場合は240μgです。

葉酸を多く含む食材と含有量

食材

食材量

含有量(μg)

うなぎ

100g

380

鶏レバー

100g

1300

ひじき(干し)

10g

8

わかめ

5g

22

納豆

1パック

60

小松菜

2株

66

イチゴ

5個

68

アボカド

1/2個

84

ブロッコリー

2房

105

アスパラ

3本

114

枝豆

80g

141

*レバーには葉酸が多く含まれていますが、葉酸とは別に「レチノール」という成分も多く含まれています。

そのレチノールの過剰摂取は胎児奇形のリスクにつながると言われていますので、レバーの摂り過ぎには注意しましょう。

また、葉酸とてもデリケートな性質のため、まず調理による加熱で栄養素の半分が失われます

更に、摂取後も体に吸収されるのは、全体の半分程度と言われているため、食材の葉酸含有量を目安に摂取しても、実際は1/4程度しか体内に取り入れることが出来ません。

そこで、効率よく、確実に葉酸を摂取するために葉酸サプリが重宝されているのです。

葉酸の効果

妊活・妊娠初期と葉酸摂取がどう関係しているのか。。。そこには、大事なとても大事な理由があります。

妊活中に大切な理由

葉酸は人の身体の細胞分裂やDNA合成をサポートする効果があります。

妊活中に期待できる効果として3つ挙げられます。

1つ目に、正常な卵子を形成する効果があります。

また、男性にとっても葉酸は大切で正常な精子の形成、運動量の増加に効果があります。

そのため、女性だけでなく、妊活中は夫婦で摂取することが重要です。

2つ目は、葉酸は子宮内膜の強化をしてくれます。

妊娠は受精卵が子宮内膜に着床することで成立するのですが、子宮内膜を強化することで、より着床しやすい子宮内環境を整えることが出来ます。

3つ目は、葉酸は体内の血液を作る作用もあります。

貧血を予防することで、子宮や胎児にしっかりと栄養を送ることが出来ます。

これらの理由から、妊娠力を高めるためには葉酸が必要だということが理解して頂けると思います。

特に、不妊症で悩んでいる方は、葉酸サプリを飲むことをお勧めします。

妊娠初期に大切な理由

葉酸は胎児にとっても大切で、胎児の細胞分裂をサポートしてくれます。

特に、妊娠初期は身体の神経や臓器などが形成される時期ですので、葉酸による細胞分裂のサポートがより重要となってきます。

母体がしっかりと葉酸の摂取をすることで、脳や神経系の先天性障害やダウン症の発症のリスクを抑える効果があると言われています。

葉酸と胎児の先天性障害の関係は、きちんとした研究データがあるため、厚生労働省葉酸を推奨しているのです。

不妊症などの悩みがない方の場合、妊娠してから葉酸を摂取したのでも良いのではないかと思われるかもしれませんが、受精卵が子宮内に着床した時点から、活発な細胞分裂を繰り返します。

受精後17日頃にはすでに神経の形成が始まります。

多くの人が妊娠6週以降で妊娠に気付くので、妊娠発覚後から葉酸を飲み始めるよりも、妊活中から飲んでいる方が、先天性の神経障害の予防効果が得られます

そのため、妊娠しやすい、しにくい関係なく、妊活中から葉酸を摂取することが大事になります。

葉酸はいつまで飲む必要があるの?

葉酸は妊活中から授乳終了まで飲み続ける必要があります。

妊娠初期を過ぎても、赤ちゃんはすくすくと成長しています。

この時期に葉酸が不足すると、低体重になる場合があります。

また、葉酸を摂取することで母体側の妊娠高血圧症や貧血予防にもなるため、妊娠期間中も葉酸を飲み続ける必要があります。

さらに、出産後も葉酸は産後の子宮回復を促したり、赤ちゃんにあげる母乳分泌を促す効果があります。

他にも産後うつや産後の抜け毛予防にもなりますので、授乳中も飲み続けましょう。

授乳中の葉酸必要量は一日340μgです。

 

 

葉酸は妊活~授乳が終了するまで飲み続けるのが理想的です。

 

 

 

葉酸の副作用はないの?

妊活中、妊娠中の葉酸必要量は一日約400μgと言われています。(男性240μg)

逆に葉酸を取り過ぎると副作用が出てくる可能性があり、特に一日1000mg以上摂取するとそのリスクは高くなります。

どのような症状が出るのかというと、食欲不振、不眠、吐き気、むくみ、呼吸障害、かゆみが出現する場合があります。

また、妊娠後期に一日1000μg以上摂取することで、胎児が喘息になるリスクがあるという研究結果もあります。

そのため、サプリの摂取用量は必ず守りましょう。

葉酸の飲み方を教えて

葉酸は体に吸入されにくい性質があります。

そのため、より効果的に葉酸を摂取するためには、飲み方にも工夫が必要となります。

葉酸は体に吸収されにくく、汗や尿として体外に排出されやすいです。

そのため、一日量を一回で摂るのではなく、一日数回にわけて飲みましょう

空腹時の方が体に吸収されやすくなります

食事と食事の間や、寝る前に飲むようにしましょう。

しかし、胃腸の弱い方は空腹時にサプリを飲むことで、胃に負担をかける場合があるため、食後に飲みましょう。

サプリをより効果的に吸収するためには、水で飲むようにしましょう

お茶、紅茶、コーヒーなどのカフェインは、サプリの吸収を抑える作用があります。

葉酸サプリの選び方

最近では様々な葉酸サプリが売られています。

同じ葉酸サプリでも何が違うのか、何を基準に選べばいいのか悩むと思います。

そこで、葉酸サプリを選ぶ時の基準について説明します。

一日摂取必要量が取れる

妊活中、妊娠中の一日摂取必要量は400μgです。

その量を満たしているか確認しましょう。

他の栄養素も含まれている

以下で詳しく説明しますが、妊活中には葉酸以外にも必要な栄養素があります。

それらも一緒に含まれているサプリが理想的です。

GMP準拠工場で生産されている

GMPとは適正製造規範の略です。

厚生労働省が安定かつ一定の品質を認めていることを意味します。

安全な材料、添加物が使用されている

無添加=安全、高品質と思われている方が多いのですが、これは大きな誤解です。

厚生労働省もこのように言及しています。

・天然由来品が合成品に比べて品質、安全性が高いという訳ではない。

・アレルギーの原因になりやすい。

・産地、収穫時期、天候などの条件によって品質が一定しない。

・色々な成分が含まれており、含有する全ての成分が明らかとなっているわけではない。

・有害物質、不純物が除去されていない可能性もある。

 

ただ、人工甘味料、香料、着色料が含まれているサプリはお勧めしません。

気になる場合はメーカーに問い合わせしてみましょう。

合成葉酸である

通常の食事から摂れる天然葉酸は、体への吸収力が弱いため、厚生労働省も合成葉酸を推奨しています。

原材料欄に「葉酸」「葉酸含有酵母」と書かれていれば大丈夫です。

BABY葉酸~ママのめぐみ~

多くの育児雑誌などでも紹介されている「BABY葉酸~ママのめぐみ~」なら

厚生労働省が安全と認めているGMP準拠工場で製造しています。

厚生労働省が推奨する合成葉酸で作られています。

放射能、農薬に関して試験実施済みです。

葉酸以外にも、マカ、亜鉛、鉄分、カルシウム、27種のビタミンなど、妊娠力を上げるための成分が配合されています。

★香料、保存料、防かび成分などの添加物は使用していません。

★1日分ずつ個包装されているので、清潔に管理出来、持ち運びも便利です。

★他社のサプリに比べて錠剤が小さいので、錠剤が苦手な人にもお勧めです。

★定期コースでお申し込みの場合、6か月で15240円お得になります。

月6980円⇒4980円(送料無料)

☆定期申し込みの場合、もし「商品が合わない」「返品したい」と思った場合、15日以内であれば1箱分の料金を全額返金保証付き

葉酸以外に必要な栄養素ってあるの?

葉酸以外にも重要な栄養素は沢山あります。

昔から「バランスよく食事を摂りましょう」と言われますが、本当にその通りです。

【マカ】

マカとはペルー原産のアブラナ科の植物で、ペルーでは昔から妊活に使用されてきました。

マカは男女ともにホルモンバランスを整え、生殖機能をアップさせる効果あります。

また、ストレス軽減、冷え性改善の効果もあります。

【タンパク質】

タンパク質は人の身体をつくる基本となる栄養素です。

タンパク質が低下すると、女性ホルモンも低下するため排卵にも影響します。

タンパク質を多く含む食材:肉、魚、大豆製品、乳製品

【鉄分】

貧血は子宮内環境を良くする上で大きリスクとなります。

もちろん葉酸も貧血予防に役立ちますが、鉄分も重要です。

是非一緒に摂取しましょう。

鉄分を多く含む食材:煮干し、干しエビ、アサリのつくだ煮

亜鉛

亜鉛はセックスミネラルとも言われており、男性、女性ともに性ホルモンの活性化に繋がります。

特に男性の場合は、精子の量や運動量アップにつながると言われています。

亜鉛を多く含む食材:牡蠣、納豆、しじみ、ほたて、牛肉

【ビタミンC】

ビタミンCには卵子の老化を防ぐ効果があります。

また、亜鉛の吸収を助ける効果もあるため、是非亜鉛と一緒に摂取しましょう。

ビタミンCを多く含む食材:パプリカ、パセリ、芽キャベツ、ゆず、レモン、キウイフルーツ

【ビタミンE】

血行促進、抗酸化作用、ホルモンバランスを整える働きがあります。

他にもビタミンEによって子宮や胎盤の働きも活性化されるため受胎率を高め、流産の防止にもつながると言われています。

ビタミンEを多く含む食材:アーモンド、モロヘイヤ、明太子、いくら、赤ピーマン

【ビタミンB】

ビタミンBはホルモンバランスを整え生殖機能を高める効果があります。

ビタミンBを多く含む食材:豚肉、うなぎ、卵、納豆、玄米

【カルシウム】

妊娠後、赤ちゃんの歯や骨を作るのに大事な要素となります。

是非、妊活中から摂取しておき、妊娠した時に備えておきましょう。

カルシウムを多く含む食材:乳製品。小松菜、小魚

コエンザイム10

コエンザイムQ10は抗酸化作用があり、アンチエイジングで注目されている栄養素です。

卵子の老化も防いでくれます

また、精子の運動量もアップしてくれるので、夫婦で摂取しましょう。

 

BABY葉酸~ママの恵み~なら、マカ、亜鉛、鉄分、カルシウム、27種のビタミンが含まれています。

より効果的に妊娠するための注意点

妊娠するためには、葉酸サプリを摂取するだけではいけません。

確かに葉酸は体質改善のサポートをしてくれます。

しかし、普段の生活が不摂生であったり、ストレスを多く抱えていると、サプリの効果を十分に発揮できません。

より効果的に妊娠力を高めるための日常生活の注意点を説明します。

  タバコ

タバコは百害あって一利なし!!夫婦ですぐに止めましょう。

タバコは体の血管を収縮させる作用があるため、全身の血液の流れが悪くなります。

そのため子宮内環境の悪化にも繋がります。

男性にとっても精子の質の低下につながります。

他にも、喫煙女性は、そうでない女性よりも閉経が1~4年早まるというデータがあるため、高齢出産となる人は、特に禁煙すべきです。

また、めでたく妊娠した際にも、流産や早産の危険性が高くなります。

もちろん妊婦が喫煙していなくても、夫からの受動喫煙によっても、胎児は同じような影響を受けます。

未来の子どものために、夫婦で禁煙に取り組みましょう。

お酒の飲みすぎ

妊娠したら、お酒はいけないというのは分かるけど、妊活中もお酒がダメなのはナゼ?と思われた方は多いのではないでしょうか。

本当のところ、お酒と不妊の関係って立証されてないんです。

ただ、お酒の飲みすぎが不妊の確立を上げているという統計的なデータは存在しています。

ただ、話は矛盾しますが、赤ワインに限っては妊娠を促進する働きがあるとも言われています。

赤ワインに含まれるポリフェノールが良いんだとか、、、

とりあえず、少量のお酒は妊活には影響はありません。

ただし飲みすぎは避けましょう。

そして、妊娠した時は必ず禁酒しましょう。

アルコールもタバコと同じく胎児に悪影響を及ぼします。

過度なダイエット

食事は健康な体を作るためには欠かせないものです。

必要な栄養素が不足すると、

ホルモンバランスが崩れることによる生理不順

卵子精子の質の低下

貧血による子宮内環境の悪化

などが、生じやすくなります。

一日3食バランスよく食べることは、妊活の基本中の基本となります。

ただし、肥満の人に限っては、肥満も不妊の原因となります。

食べ過ぎには注意しましょう。

適度な運動を取り入れて、体重をコントロールする事が必要です。

睡眠不足

不妊になりやすい職種として、看護師、国際線の客室乗務員などが挙げられます。

それらの共通点は何なのか。

それは「睡眠時間が不規則」という点です。

夜勤により、寝ない日があることでホルモンバランスが崩れ、生理不順になりやすくなります

夜勤のない勤務体制に変えてもらったら妊娠したという話は多く、睡眠不足がいかに妊活に悪影響かが分かります。

妊活中は夜更かしを避け、規則正しい睡眠リズムを作ってください。

  身体を冷やす

身体が冷えると、全身の血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。

子宮内環境を良くするためにも、冷えは禁物です。

冷房の強い部屋では、カーディガンを羽織るようにし、温かい食事を摂る、湯舟にゆっくり浸かるなど、体を温めるように心掛けましょう。

精神的ストレス

妊活中、特に不妊治療をしている場合、とても精神的なストレスが大きくなります。

友人が妊娠したという話を聞いて焦ってしまう、素直に喜べないという話もよく聞きます。

妊娠を強く望んでいる女性にとって「生理がきた」というショックは、流産した時のショックに匹敵するとも言われています。

また、不妊治療をしている場合、病院から夫婦生活の日時を設定されることで、男性側も精神的ストレスを抱えることが多くなります。

しかし、互いに精神的なストレス抱えた状態で夫婦生活を行っても効果的ではありません。

何故なら、ストレスが生殖ホルモンの分泌を抑えてしまうからです。

あなたは、旅行をしたり、新しい下着を買うと妊娠しやすくなるという、都市伝説のような噂を聞いたことありませんか?

このような噂話、一理あります。

要はストレスを無くすというのが重要なのです。

不妊治療中の精神的に追い詰められた、義務的な夫婦生活ではなく、旅行したり、ちょっとセクシーな下着を付けることで、恋人同士の頃を思い出すようなストレスフリーな夫婦生活が妊活には大切なのです。

実際に「子どもを諦めた」「不妊治療を辞めた」直後に妊娠したという人が多いのも、今までの「子どもが欲しい」というストレスがなくなったことで、義務的な夫婦生活から抜け出せたことが関係していると考えられます。

「ストレスを無くそう」と思っても、なかなか無くせるものではありませんが、考えすぎてしまうのは厳禁です。

美味しいものを食べに行く、新しい趣味を見つけるなど、様々なものに興味を持ってみることで、ストレスをコントロールしましょう。

不妊治療がツライなら、一旦辞めてみるのも一つかもしれません。

ストレスの原因が仕事にあるなら、転職、退職も考えてみましょう。

以上、説明した6つの注意点を守ることで、より効果的に妊活を行いましょう。

まとめ

1)自ら体質改善を行う事で、妊娠の確立をあげましょう。

2)葉酸は、食事だけでの摂取は困難です。サプリメントで摂取しましょう。

3)葉酸は妊活中、妊娠中、授乳中に大切な栄養素ですので飲み続けましょう。

4)葉酸以外にも、大切な栄養素は沢山あります。バランス良い食事を心掛けましょ う。

5)普段の生活習慣も体質改善にはかかせません。夫婦で健康的な生活習慣を送りましょう。