stellacafe

ナース・ミントの悩み解決クリニック

育児・介護をはじめとした生活の悩みを解決する看護師ブログです。

MENU

【家族のための終活準備】あなたの人生を後悔なく締めくくる6つの方法

初めて当サイトをお越しの方はこちらからナース・ミントの悩み解決クリニックって何?当サイトの自己紹介!

スポンサードリンク


f:id:stellacafe7:20161221091740j:plain

 「終活」はあなたのためだけではなく、家族のため、そして家族の絆を深めるためのものだということをご存知でしょうか?

家族へのメッセージを残しておくことで、あなたの家族があなたのいない未来を歩んでいくための糧となります。

自分の死後の意思表示をしておくことで、あなたの家族があなたを供養する際の道しるべとなります。

そしてあなたの気持ちを共有できたという思いが、遺された家族の絆をもっと深めてくれるのです。

あなたも家族のために「終活」という人生最期の贈り物を準備しておきませんか?

 終活とは何なのか

終活は「お葬式の準備」「身の回りの品の整理」などをすることなのですが、なぜそのようなことをするのかというと、

「自分の残りの人生をより良く生き、自分らしい人生の締めくくりをするため」

そして

「愛する家族への負担を減らすため」です。

・残りの人生で何をしたいのか

・残された時間の中で家族に何を伝えたいのか

・最期を迎える時は、どのようにして迎えたいのか

など、自分の人生を振り返り残りの人生をどう生きるかを考える事で、より充実したセカンドライフを送ることができるのです。

また身の回りの品を整理しておき、最期を迎えた時にお葬式やお墓をどうしたいのか明記しておくことで、残された家族の負担も減ります。

更に遺さた家族にとって「あなたの意思を尊重できた」という実感は、あなたの死後、家族が前向きに生きていくための大事な要素となります。

終活は、あなたにとっても家族にとっても幸せに生きていくための大切なものなのです。

終活はいつから始めたらいいの?

終活を始めるのに「早すぎる」ということはありません。

特に高齢者の場合、急に持病が悪化したり、認知症が発症するということもあります。

そのため元気な時に準備しておく必要があります。

終活を意識し始めた「今」から始めましょう!

終活ですべき6つの意思表示

終活をするにあたり、具体的に何をすればいいのか、どこまでの意思表示をしておけばいいのかを説明します。

終活ですべきことは大きく分けて6つあり

エンディングノートの作成

お葬式の準備

お墓の準備

相続の準備

延命治療の意思表示

事業の引継ぎ

が挙げられます。

そしてその6つのことに対する意思表示こそ、家族の絆を深めるメッセージとなります。

今から一つずつ説明していきます。

エンディングノート

エンディングノートに自分が余生で何をしたいか、家族に何を伝えたいかなどを記します。

自分で意思表示ができなくなった場合でも、家族がこのノートを見れば、あなたの意思を知ることができるように明記しておきましょう。

ノートは大学ノートでも良いですし、書店に行くと終活で明記すべき項目が書いている「エンディングノート」が売っています。

また葬儀屋で無料で配布されていることもあります。

ただエンディングノートには法的効力はありませんので、法的な効力を求める場合は遺言書、公正証書も作成しましょう

葬式の準備

従来、葬式は残された家族が協力しながら行ってきました。

しかし現代では少子化により家族の数が減ったことで、葬式の段取りに関する負担が大きくなりました。

また、価値観の多様化から様々な形態の葬式も誕生しています。

自分の価値観にあった葬式を事前に準備しておくことで、家族に負担をかけず自分らしい葬式を実現することが出来ます

ここでは、葬式の種類について説明します。

一般葬

従来の遠い親族から近所の人まで大勢が参列する形態です。

費用は200万円以上と高額になります。

こちらを希望する場合は、祭壇や料理など事細かに決める事が多いので、事前に詳細まで決めておくことが、家族の大きな負担軽減につながります。

また家族が金銭面で困らないように、費用も考慮したプランを立てておきましょう

家族葬

最近増えてきた形態で「家族や親しい人だけで葬儀をしたい」という考えからうまれました。

費用を30~50万円と低く抑えられるのも家族葬が増えている一つの要因ですが、何よりも最期の時間を故人とゆっくり過ごすことが出来るというのが一番の魅力です。

無宗教葬・プロデュース葬

こちらも新しい形態で、特定の宗教、宗派の儀礼にとらわれない葬式です。

お葬式というとお坊さんがお経を読み、順番に焼香をするのが一般的ですが、そのような従来の常識を全てとっぱらい、故人の好きな音楽を流したり家族や友人への手紙を読んでもらうなど、自分でプランを立てて行います

費用は内容によって全くことなりますので、葬儀屋でご相談ください。

しかしこの無宗教葬には2つの注意点があります。

一つ目は檀家となる寺があり、そこに納骨する予定になっている場合、その寺の宗派にあった葬式を行わないと納骨を断られる場合があります。

宗教不問の公営墓地や民営墓地の場合は問題ありません。

二つ目はまだまだ一般的ではないため、親族からの理解が得られず親族間のトラブルに発展する可能性があります。

無宗教葬を希望する場合は、この二つの課題も生前にクリアしておきましょう。

また全ての葬儀形態に共通する準備として2つ挙げられます。

参列者一覧を作成しておきましょう。

連絡先を探すのも大変ですので、葬式に呼んでほしい人の連絡先を一覧にしておきましょう。

核家族化の影響もあり、故人が誰と親しくしていたかなどの把握が難しくなっています。

葬儀屋も決めておきましょう。

葬儀の種類別で費用の目安は記載しましたが、葬儀屋によって費用は全く異なります。

また葬儀屋によっては、後から後から追加料金が発生するような会社もあります。

生前に複数の葬儀屋を調べておき、その葬儀屋で自分の理想とする葬式プランと、その見積書を作ってもらいましょう。

遺された家族は、葬式の準備、役所や保険の手続き、遺品整理など、すべきことが沢山あります。

生前に葬式の準備をしておくことは、家族の大きな負担軽減になります。

また、家族にとって「あなたの望む葬式が出来た」という体験は、あなたと作る最期の思い出となるでしょう。

お墓の準備

自分のお墓はずっと大切にしてもらえるのか、家族に負担をかける事はないかを考え、どこに納骨してもらうのか決めておきましょう。

今まで日本ではお墓は代々引き継いでいくのが当たり前でした。

しかし、少子化による継承者の不在や、人口の都市集中などから無縁仏となっているお墓が多数存在しています。

そうならないためにもお墓の準備も自分でしておきましょう。

お墓の種類には場所による3つの分類と納骨の方法4つに分類されます。

お墓の場所

檀家となる寺

特定の宗教、宗派の寺院が供養してくれるお墓です。

メリットは葬儀、供養、法要などの対応をしてもらえます。

デメリットは管理費やお布施代など費用面の負担が大きくなります。

また、宗教ごとの慣習などもあり、それらを守れない場合、トラブルの原因となります。

公営墓地

自治体が運営しているお墓です。

メリットは費用が安い点です。

デメリットはその自治体の人でないと利用出来ないこと、また希望者が多い為、抽選となる場合があります。。

民営墓地

民間で運営しているお墓です。

メリットは宗派にとらわれず、加入もしやすい点です。

デメリットは、運営会社が倒産した場合、契約通りの管理をしてもらえなくなる場合があります。

納骨の方法

家族墓

従来の代々引き継ぐお墓で、自分の先祖と一緒に納骨されます。

お墓を守ってくれる家族がいる場合、特に問題はありません。

合同墓

大きな敷地に、他の人と一緒に納骨されます。

永代供養をしてくれるため、自分が死んだあとに供養してくれる家族がいない場合にお勧めです。

納骨堂

お墓を作るのではなく、施設の中に専用の棚や仏壇があり、個人や家族単位で遺骨を納める方法です。

メリットは、お墓に比べて安価で安いものであれば5万円からあります。

また、利便性の良い都市に建設されている事が多いです。

最近は、永代供養も兼ねている施設も増えてきています。

デメリットは年間費がかかること、建物内である場合が多く線香を使用できないなどのルールがあることです。

個人墓

自分一人で入るお墓で、先祖と同じお墓に入りたくないという方、自分の個性を出したいという方にお勧めです。

メリットは自分一人のお墓なので、宗教など関係なく何でも自由に決められるという点ですが、デメリットは親族や家族の理解が必要であること、後々、供養をしてくれる家族がいない場合は永代供養の申し込みをしておく必要があることです。

 相続の準備

「うちには大した財産はない」「兄弟で仲良く分けてくれたら良い」と言って、相続をあまり深く考えない人が多いのですが、実は遺産が少ない家族ほど相続で揉めているのです。

どのようなトラブルに発展するのか事例を2つあげて説明します。

事例1)

・相続人は子ども3人(長男、次男、長女)

・遺産は持ち家のみ

・その家には、独身の長女が住んでいる

このような場合、その持ち家を3人で分ける事になります。

一番すっきりするのは、その家を売り、売ったお金を三分割にする方法です。

もしくは、長女がその家に住み続ける場合、その家の資産価格を3分割し、それぞれの兄弟にその額を支払うという方法です。

しかし、長女が経済的に自立できておらず、その家を出る事も、兄弟にお金を払う事も出来ない場合、トラブルに発展します。

事例2)

・相続人2人(長女、長男)

・遺産は200万円

・長女は介護のため5年前に退職し、その後ずっと介護をしてきた

現金のみの遺産の場合、法律通りに等分すればいいだけと思いますがそうはいきません。

長女からすると「私は仕事を辞めて、24時間介護してきた。等分なんて納得できない。」

となります。もし、その言い分を長男が理解したとしても、長男の嫁が「法律では等分だ」と割って入ってくることもあります。

どんなに兄弟仲が良かったとしても、配偶者によって相続トラブルに発展するケースは多々あります。

また、このような場合、兄弟間で長女に多めに相続すると合意したとしても、どの割合で分けるかなどの課題が残ります。

これらのようなケースは一般家庭で多く見られます。

自分の死後、大事な家族が骨肉の争いをしないようにするためには、遺産の多さに関係なく、遺言書を作成しておくべきです。

また、相続には様々な期限が存在します。

多額の借金を残された場合、3ケ月以内に放棄しないと、その借金を相続することとなる。

相続開始から4か月以内に所得税の申告をしないと、余分な税金を取られる。

など、どんな資産が残されているのか調べ、手続きしている間にも、様々な期限がきてしまうのです。

加入している生命保険、銀行口座を始めとする資産が一目で分かるように、資産の一覧表を作っておきましょう

クレジットカードなどを含めた借金も相続対象ですので、一覧に記載しておきましょう。

他にもネットバンクやネット証券を利用している場合はID、パスワードも分かるようにしておきましょう。

通帳や保険証、土地の権利証なども一か所にまとめておきましょう。

延命治療に対する意思表示

元気な間に延命治療の意思表示をしておきましょう。

高齢者の場合、短期間の入院など環境の変化がきっかけで認知症になることがあります。

また脳卒中により一瞬にして意識不明になる場合もあります。

このように高齢者にとって、急に意思表示が出来なくなるというリスクは日常の中に潜んでいます

そのような状態になる前に、延命治療に対する意思表示をしておきましょう。

延命治療とは一体どういう物なのか、意思表示のない延命治療の何が問題なのかを説明します。

意思表示のない延命治療の問題点

延命治療に対する本人の意思表示がない場合、家族にその判断が委ねられます。

しかし、そこに大きな問題点があります。

それは、延命治療後のイメージする状態について、家族と医療者の間で大きなギャップがあることです。

家族は、延命治療後は今まで通りの元気な状態に戻ることをイメージしています。

しかし医療者からすると、元の元気な状態に戻る方が奇跡であり、延命治療後は寝たきり、意識不明の状態になろうとも、医療行為により命を引き延ばすというイメージで話をしています。

延命治療の説明をする際、医師は延命治療の種類やその後どういう状態になるかも伝えていますが、家族からすると、実際にどのような生活を送る事になるのかイメージがつきにくく、また急な話をされ精神的にも動揺しているため、冷静な判断が出来ません。また、金儲け主義の病院の場合、延命治療を促すような説明をする場合があります。

そのため「先生にお任せします。」というような発言をしてしまうのです。

最近は「もう高齢だから、寿命ということで延命治療はやめときましょう。」という先生も増えましたが、それでも家族からの同意がない、返事があやふやな場合には、後から訴訟問題になることもあるので延命治療を行います。

その結果、延命治療により生き延びたものの、寝たきりとなり「苦しい、早く死にたい。」と言いながら余生を過ごすケースがとても多いのです。

家族も莫大な治療費の請求(月に100万円近くなる場合もあります)と介護により心身共に疲れ果て、大事だった家族に対して「早く死んでくれないか」とさえ思うようになってしまうのです。

実際に看護師として働く中で、そのような結末になった家族を何度もみてきました。

介護疲れの果ての、無理心中や家族内殺人事件もこのような背景があったのではないかと考えられます。

「何が何でも生き延びたい」という人は別ですが、「ピンピンコロリ(元気に過ごし、死ぬときは一瞬で死ぬという意味)で死にたい」「家族には迷惑を掛けたくない」という人は、エンディングノートに自分の延命治療に対する意思表示をしっかり明記しておきましょう。

また、場合によっては家族がエンディングノートを見る前に、病院から延命治療の決断を迫られることもあります。

普段から自分の延命治療に対する想いを家族に伝えておきましょう

 仕事の引継ぎ

自営業の方は、必ず仕事の引継ぎをしておきましょう。

家族のためだけではなく、従業員や様々な取引先のためでもあります。

まとめ

元気な間に自分の余生のこと、死んだあとのことを考えることは、自分と家族が幸せに暮らす事に繋がります。

是非、終活で充実したセカンドライフと自分らしい最期を迎えてください。

エンディングノートに自分が余生でしたいこと、家族に伝えたい事などを記載する。

★自分の葬式を準備しておくことで、家族の負担を減らす事が出来る。

★お墓選びは自分の家族に負担をかけない、永く供養してもらえるという点を考慮して選ぶ。

★大事な家族が相続トラブルを起こさないためにも、遺言書を作成しておく。

★延命治療について自分はどこまでの治療を希望するのか明確にしておく。

★自営業の場合は引継ぎをしておく。

合わせてお読みください。

www.stellacafe7.com