stellacafe

ナース・ミントの悩み解決クリニック

育児・介護をはじめとした生活の悩みを解決する看護師ブログです。

MENU

仕事ができない看護師とできる看護師の違いを徹底調査!能力3倍も夢じゃない!

初めて当サイトをお越しの方はこちらからナース・ミントの悩み解決クリニックって何?当サイトの自己紹介!

スポンサードリンク


f:id:stellacafe7:20170705131727j:plain

仕事ができないという悩みを抱えている看護師さんに向けて能力が3倍アップする方法を紹介します。

仕事ができないというコンプレックスを抱えていると、今の居場所のない切なさから抜け出して、みんなに認められる自分になりたいと思いますよね。

その願いは実現することができます。

仕事ができるようになりたければ仕事のできる人の真似をしたらいいのです。

今回は仕事のできる看護師とできない看護師の違いを徹底的に調査しましたので、ぜひ仕事のできる看護師の行動パターンをあなたも取り入れてみてください。

それだけであなたの仕事力は格段にあがり、同僚からの評価は格段に変わります。

できるナースは一回のラウンドで得る情報収集の量が違う

仕事のできる看護師は一回のラウンドで多くの情報を収集しますが、仕事のできない看護師はバイタルサインの観察項目しかみていません。

仕事のできる看護師は朝の情報収集の際に疾患名や経過など、多くの情報を収集できています。

ラウンドに行った際もこの患者さんが今どういう状況で、今後どういう方向にもっていく必要があるのかを考えながら対応しています。

そのためラウンドの際に「おそらく退院が近いだろうから在宅のこと確認しておこう」や「そろそろ抗がん剤の副作用の症状が出てくるだろうから口の中まで見とかないといけないな」など先読みしながら検温しています。

そして一回のラウンドで必要な情報をしっかり確認できているので、何回も何回も患者さんの部屋に確認しに行く必要がないのです。

しかし仕事のできない看護師は、患者さんを全体像としてとらえることが苦手なため、ラウンドがカルテのバイタルサインや観察項目を埋めるための作業になってしまっている場合が多いです。

そのため申し送りの際などに先輩に色々ツッコまれても「確認できてません。」と言わざるを得ない状況になってしまうのです。

仕事ができるようになるためには、この患者さんは今後どういったことが予測されるのか、そしてどういう方向にもっていかないといけないのかということを意識して関わることがポイントとなります。

いきなりできるようになるのは難しいのですが、ラウンドの際はこのように考える習慣をもつようにしましょう。

そうすることで自然とできるようになっていきます。

できるナースは準備の段取りが違う

仕事のできる看護師は何事も準備が完璧ですが、仕事のできない看護師は準備じたいできていないことが多いです。

仕事のできる看護師は「入院がくる」という言葉を聞いたらすぐに、入院の準備をしています。

患者さんの疾患名や状態を聞いて必要物品を揃えておくのは当たり前ですが、それだけでなく電子カルテに入院登録されたらすぐに過去の入院履歴を確認してベッド位置を調整したり配薬ボックスの準備をしたりしています。

そして必要項目の入力や書類の準備も入院がくる前に終わっています。

そのため入院が来た後も全てがスムーズに行えるのです。

仕事のできない看護師は必要物品の準備までで入院準備を終了してしまっています。

そのため入院が来た後、色んな処置と並行しながら環境整備をしたり記録をしたりということをしなくてはいけません。

そのためどうしても時間に追われてしまうのです。

仕事ができるようになるためには事前にとれる情報はとことん収集して、処置がスムーズに行える段取りを用意しておくことがポイントとなります。 

 

これむちゃくちゃ仕事の早い人を観察してて気付いたんですよ。

「なるほど、事前にここまで準備しておくことできるんやな」って。

私もその人の真似をするようになってから、入院の記録が山積みに残るなんてことはなくなりましたよ!

 

 

できるナースはアセスメント能力が違う

仕事のできる人は当然のことながらアセスメント能力にたけています。

アセスメント能力が長けているから先読みで行動することができるんです。

このアセスメント能力はある程度の経験も必要になるので、すぐにできるようになるわけではありませんが、アセスメント能力を高めるために今すぐできることが2つあります。

まずは基礎知識を増やすということです。

知識がなければ今の患者さんの状態も理解できませんし、そうなると先読みだってできません。

先読みするには基礎知識は絶対必要となります。

そのためあなたも専門分野をはじめいろいろな知識を増やしていきましょう。

もう一つは情報と情報を組み合わせる力を養うというものです。

アセスメントはいわば情報と情報の足し算だと考えたらいいです。

たとえば、

抗がん剤治療中+吐き気=副作用

高齢者+眠剤=転倒リスク

心不全患者+体重増加+コップ持ち歩いている=水分制限守れていない可能性

という具合になります。

アセスメントと聞くと難しく感じるかもしれませんが、要は持っている知識、今の状況、あなたの経験などあらゆる情報を足し算して、今後どうしないといけないかという答えを導き出せばいいのです。

アセスメントが苦手という場合は、ラウンドの際に得た情報を足し算して練習していきましょう。

回数を重ねていくと色んな角度からの情報も足していけるようになりますよ!

できるナースは時間の使い方が違う

仕事のできる看護師は時間を逆算していきますが、仕事のできない看護師は時間を積み上げ式で行動します。

どういう意味かというと、仕事のできる看護師は【14時に検査出しがある】という場合、14時から逆算してどの処置に何分使えるかを考えながら行動します。

そのため何時の時点でここまで終わっていないといけないという目安を明確に持っているので、イレギュラーなことが起きても速やかに優先順位や時間配分を組み替え軌道修正できます。

結果、何の問題もなく14時の検査出しを行うことができるのです。

しかし仕事のできない看護師は【14時に検査出しがある】ということは頭にはいれていますが、14時までの時間の使い方に明確な基準はなく、本日しないといけない処置を順番に行っていこうとします。

もちろん問題なく14時に検査に出せたらいいのですが、仕事のできない看護師の場合は時間配分がしっかりできていないので、14時直前になって前処置が終わっていないというような非常事態を招きやすいのです。

時間の使い方が上手になるためには、勤務終了時間から逆算し何に何分かけていいのかを考えながら仕事をするといいですよ。

そして予定外のことで時間がかかってしまった場合は他の時間を少しずつ調整していきます。

人は「何分以内にこれをする」と明確に時間を区切るのと、漠然と「これをする」と行動するのでは作業能率が全く異なるのでこの逆算式はぜひ今日から使ってみてください。 

できるナースはマニュアルのとらえ方が違う

仕事のできる看護師はマニュアルの根拠を大事にしますが、仕事のできない看護師は単にマニュアルで動こうとします。

仕事のできる看護師の場合、業務マニュアルに関しては「なぜこうしないといけないのか」という根拠を理解しているので、問題のない範囲内でマニュアルを自分なりにカスタマイズさせています。

できる看護師は外してはいけないポイントを押さえているので、多少手を抜いてもミスを起こすことはなく、それでいて仕事が早いのです。

しかし仕事のできない看護師はとにかくマニュアルどおりにしかできません。

それでいて根拠を理解していないので、マニュアル通りにしたつもりがミスをしてしまうということが起きます。

このような看護師はイレギュラーな場面で応用を効かせることも苦手です。

手を抜きながらも応用に強くなるためには、マニュアルの根拠を大事にしましょう。

・なぜこの順番なのか

・なぜ禁忌とされているのか

このような根拠を理解していると絶対に外したらいけないポイントが分かっているので、上手に手を抜くことができるようになります。

 できるナースは記録時間の作り方が違う

仕事のできる看護師は記録を後に残しませんが、仕事ができない看護師は記録を最後にまわします。

仕事のできる看護師はちょっとしたスキマ時間を使って入力していきます。

たとえば入院のアナムネをとる際に電子カルテも一緒にもっていき、患者さんが書類にサインしたり着替えをしたりしている時間などにどんどん入力していきます。

他にも食事の変更や、処方切れに関する医師へのメールもその場でしていきます。

可能な限り入力作業はその場その場で行っているため、記録をはじめとした入力作業を後に残すことがありません。

そして入力忘れというミスも防ぐことができているのです。

仕事のできない看護師はスキマ時間を活用するのが苦手で、食事変更などの入力作業もすべて後に回す傾向があります。

そして後に回した結果、入力忘れといったミスにもつながったりします。

できるだけ記録を後に残さないようにスキマ時間を活用する練習をしましょう。

もちろん看護ケアより記録を優先するということはしてはいけませんが、スキマ時間というのは意識するだけ沢山作ることができます。

とくに忘れてはいけない情報はこのスキマ時間を見つけてすぐに入力するように心がけましょう。

そうすることで入力漏れというミスの予防にもつながります。

 さいごに

「ここまで偉そうに書いているあんたはどんなもんやねん」と思われたかもしれません。

私はいたって普通の看護師です(;^ω^)すみません(笑)

ただ今の職場にやたら仕事のできる・早い・正確!という人がいるんです。

「この人の頭の中は一体どうなっているんだとうか?」と思いながらずーっとその人を観察していたら、以上のような違いに気づいたんですね。

それ以来、私もその人の真似をするようになり残業時間はかなり減りましたよ( ^ω^ )

アセスメント能力はまだまだ至らないのでこれからも頑張っていきます!

ぜひ、あなたも一緒に頑張りましょう( *´艸`)

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com

 

【完全無料】ナースフル公式登録ページ
【看護師限定】転職支援サービス

 

www.stellacafe7.com