stellacafe

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stellacafe

老後、介護、育児など生活に関する悩み解決に向けて、ナースの視点を活かして情報発信します!

MENU

徹底解明!有料老人ホームのリアルな費用をナースが赤裸々告白

初めて当サイトをお越しの方はこちらから1.stellacafeって何?生活の悩み解決にむけて情報発信しているサイトです。  
2.窃盗に不倫も!ゲスいママ友トラブルを経て学んだ賢い付き合い方 
3.育児ノイローゼに繋がる5つの原因を徹底解説!みさえに学ぶ9つの育児ストレス対処法

スポンサードリンク


f:id:stellacafe7:20161212170402j:plain

「月々の年金で有料老人ホームに入れるかしら?」

と思っているあなた、その考え甘いです!

有料老人ホームに入る場合、広告などに記載されいている金額にプラスされて、様々なお金が必要なんです。

ここで、有料老人ホームに入った場合、他にどのような費用がかかってくるのか、実際に有料老人ホームで働いたことのある私が解説します!

また、実際に入居している人達は、月々の費用をどのように工面しているのかも紹介します。

 有料老人ホームと特別養護老人ホームの違い

有料老人ホームの費用について、なぜ特別養護老人ホーム介護老人保険施設と比べると、こんなにも費用が高いの?と疑問に持たれている方は多いと思うので、その違いから説明します。

特別養護老人ホーム・介護老人保健施設と有料老人ホームの違い

特別養護老人ホーム・介護老人保健施設と有料老人ホームの違い、それはざっくり言ってしまうと「施設」か「家」かという概念の違いです。 

特別養護老人ホーム・介護老人保健施設について

これはあまり知られていないのですが、上記の2つの施設は、いずれは家に帰る事が前提となっています。

病院からいきなり家に帰るのが難しい場合に、一旦このような施設に入り、本人のリハビリをしたり、自宅に帰った際の介護環境を整えるなど準備をする役割をしています。

そのため、死ぬまで同じ施設に居続けられるという保証はありません

厚生労働省のHPでも、

介護老人福祉施設特別養護老人ホーム)は、入所者が可能な限り在宅復帰できることを念頭に、常に介護が必要な方の入所を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、療養上の世話などを提供します。 

 と記載されています。

また、施設なので、誰でも入れるという訳ではなく、特別養護老人ホームの場合は要介護3以上、介護老人保健施設の場合は要介護1以上が入居の条件となっています。

また、医師の配置も義務付けされています。

これらの施設は公共施設であり、入居費なども介護保険が適応になります。

介護保険適応の為、自己負担額は1割となります。

そのため、これらの施設は大部屋の場合10万円以下という、有料老人ホームと比べてとても安い価格で入居できるのです。

施設なので、集団生活が基本となります。

ご飯の時間、入浴の時間も決まっており、施設が企画したレクリエーションなどのスケジュールも決まっています。

レクリエーションは、入居者に対し娯楽とリハビリを目的にして企画されているのですが、案外これを嫌がる入居者もいます。

このように「自由」が少ないのも特徴です。

有料老人ホームについて

有料老人ホームは民間が経営する「家」と思ってもらって結構です。

なので、料金さえ払えば誰でも、いつまででも入居することが出来ます

そのため施設によって細かい規定はありますが、基本的には病気、認知症、要介護状態の人でも入居できます。

また、生活保護受給者も入居にかかる費用を受給額でまかなえるのであれば、入居することが出来ます。

また、個人のタイムスケジュールなども尊重されるので、外出・外泊など自由度も高いです

入居費などは介護保険が適応しませんが、おむつ交換や入浴介助などの必要な介護サービスは介護保険を利用して受ける事が出来ます

認識としては、入居者さんの「家」で「在宅介護」をするというイメージです。

また、施設によってはお葬式も施設内で行ってくれるところも増えているそうです。

 これからは在宅介護が主流

なぜ、こんなに有料老人ホームが増えたのか、、、

特別養護老人ホームが全然足りてないのだから、そっちを増やしてほしい!!と思う方もいるかもしれませんが、これには国のお財布事情が大きく影響しています。

皆さんもご存知の通り、国の財政は危機的状況です。

そして、高齢化社会によりこれからも介護費、医療費は膨れ上がる一方となります。

特別養護老人ホームや老人介護保険施設は、入居費も介護保険が適応することから、国の負担が大きいのです。

国はこの負担をどうにか減らしたい。。。ということから、施設で介護するのではなく、家で介護をするという流れに持っていきたいと考えました。

しかし、今は核家族化が進み、家で介護をするにも介護者がいないという家が多く、なかなか在宅介護に持っていくのが難しい状況でした。

そこで注目されたのが「有料老人ホーム」です。

有料老人ホームは「家」という概念のため、入居費や生活費を自己で負担してもらい、必要な介護サービスのみ介護保険を適応することで、国の財政負担を軽くすることが可能となったのです。

とはいっても、まだまだ財政を圧迫しておりますが、、、

なので、今後も有料老人ホームへの入居が主流となっていくでしょう。

 有料老人ホームの費用について

今後も有料老人ホームが主流になっていくという説明をしましたが、気になるのが費用面についてだと思います。

ここでは、基本的な料金について説明していきます。

 権利形態について

まず、権利形態についてです。

「有料老人ホーム」にも様々な権利形態があります。

ここでは3つの権利形態について説明します。

1つ目は賃貸になっている形態です。

これは一般的な賃貸マンションなどと同様で、月々の家賃を支払う事で、生活することが出来ます。

賃貸形式の場合は、普通の賃貸マンションに介護サービスが付いているというイメージです。

2つ目は分譲になっている形態です。

有料老人ホームでは、この形態を利用している施設は少なく、いわゆる「シニア向け分譲マンション」と呼ばれるマンションがとっている形態です。

分譲ですので本人の財産となり、退去後は譲渡や売却も可能となります。

また、施設によっては買い取り保証額が設定されている施設もあるので、予め確認しておきましょう。

 3つ目は終身利用保障になっている形態です。

入居一時金を支払う事で入居から死亡するまでが契約期間となり、施設を利用する権利を得る事が出来ます。

注意点としては、あくまでも利用する「権利」であるため、「財産」になるわけではなく、死亡または退去するとその「権利」はなくなります。

 入居一時金について

有料老人ホームの話題になった際によく取り上げられるのは、この入居一時金ではないでしょうか?

この一時金は入居保証金、敷金、礼金、介護費用、家賃の一時支払いなどが含まれています。

詳しい内容は施設によって異なりますので、各施設で御確認下さい。

少し前までは、入居一時金だけで数千万円が当たり前でしたが、今は数十万円や無料というところもあります。

もちろん、以前と同じように入居一時金が数千万円~数億円という施設もあります。

施設によって、設備や提供しているサービス内容なども全く違うため、どの値段が妥当かは言い切れません。

自分の経済面と、実際に施設見学をしての感想とを合わせて考えながら施設を選びましょう。

 ただ、この入居一時金については注意が必要です。

それは、短期間で退去した場合に、そのお金はいくら返ってくるのかという確認です。

入居一時金は、入居時に一部は初期償却され、その残りの金額が償却年数ごとに償却されていきます。

そして、途中で退去した場合にまだ償却されていない入居一時金の金額が返還されます。

要は、入居していた期間に合わせて、入居一時金の残金が計算され、残金があった場合は返金されるということです。

償却期間は施設によって異なる為、事前に確認するようにしましょう。

また、入居一時金に関してはクーリングオフの適応にもなります。

契約から90日以内に解約した場合は、入居一時金は全額返金されます。

 月額、何にいくらかかる?

有料老人ホームの広告などに書かれている月々の費用はどういったものが含まれているのか説明します。

以下の様な費用が含まれています。

・家賃

・光熱費

・食費

・施設管理費

・サービス料

サービス料には、夜間看護体制加算や上乗せ介護費などが含まれます。

夜間看護体制加算とは、夜間も看護師を施設に配置することで発生する料金です。

上乗せ介護とは、本来国が定めた介護士の人員は利用者3人に対して介護士1人となっているのですが、介護士の人数をそれ以上に配置することで上乗せされる料金のことです。

介護スタッフの人数が増えるため、より手厚いケアが可能になります。

有料老人ホームが提示している月額の利用料は、以上の内容が含まれているのが一般的です。

施設によって、その他のサービス内容や料金には差がありますので、各施設に問い合わせて御確認ください。

介護の相談なら、介護施設の相談だけでなく、お金の相談にも乗ってくれます。

相談無料なので、一度話を聞いてみるのはいかがでしょうか?

こんなにお金がかかるの!?思わぬ落とし穴

では、ここからが本題です。

有料老人ホームの提示している金額の他に何にお金がかかるのか。。。

ここを知っておかないと、後々「お金が工面出来なくなったぁ!!」という事態になり兼ねませんので、必ず知っておきましょう。

介護保険を上回った金額は全額自己負担!!

もし、あなたや家族が介護を要するようになり、介護保険が適応した場合、介護度によって以下の金額内でサービスを受けることが出来ます。

要支援1

50,030 円

要支援2

104,730 円

要介護1

166,920 円

要介護2

196,160 円

要介護3

269,310 円

要介護4

308,060 円

要介護5

360,650 円

本来なら実際に受けたサービス額の1割が自己負担となるのですが、利用したサービスが、上の表の金額を上回ると全額自己負担となります。 

ナースコール1回500円!?

施設によっては、ナースコール1回500円などと有料にしているところもあります。

ここで注意が必要なのが、本人の元々の性格や認知症の症状で、ナースコールを頻回に押す人がいます。

もし、あなたの親がそのような事をした場合、もの凄い額の請求が来ることもありますので、事前にナースコールの使用料を施設に確認しておきましょう。

ずっと同じ健康状態のワケがない?

高齢者はどんどん体が弱っていくのが当たり前だと思っておきましょう。

入居当初は介護が全く必要ない状況であったとしても、いずれ介護を要するようになるのが自然の流れです。

そうなると、介護費用やおむつなどの日用品も必要になるので、月々かかる費用は増えていきます。

元気な状態の時に、すでに月々の支払いがギリギリであれば、後々経済的に厳しくなる事が予想されます

 入院した場合はダブルの支出

高齢者の場合はほとんどの人が何かしらの持病を抱えています。

なので、その持病が急に悪化する、または合併症が出てくるということもありますし、食べ物を誤嚥したり、風邪をこじらせたことから、簡単に肺炎になることもあります。

このように、高齢者は、いつ何で入院してもおかしくないのです。

ここで、注意しておかないといけないのが、もし入院していたとしても、有料老人ホームの場合は、月々の家賃を支払う必要があるということです。

 

 

入院すると治療費・入院費にプラスして家賃の支払いがのしかかってきます。

 

 

 

 国の手当をあてにすると痛い目にあうかも。。。

現在、国会では70歳以上の高齢者の医療費を引き上げるための調整を取っています。

介護保険も3年に一度制度の見直しがあり、今後もどのように変わっていくか分かりません。

年金も今後ずっと同額が貰えるという保証はありませんし、例え年金が減らなくても、物価が上がることは十分あり得ます。

このように、国からもらえている年金や、保険料がずっと定額であるという保証はありません。

そのため、そのお金をもらえる前提で、月々のお金の計算をしていると、制度改革があった場合にたちまち支払えなくなるという事が起こるのです。

以上のように、広告では見えない費用が何万円という単位で発生する可能性があるのです。

そのため、有料老人ホームが提示している料金を鵜呑みにして、余裕資金を持っていなかった場合、金銭的な理由で退去せざる負えないという事もあり得ます。

 

 

私が有料老人ホームで働いていた時も、どんどん介護度が上がり、最終的には月々の支払が困難になったという理由で退去した人がいました。

 

 

 入居している人はどうやってやりくりしてるの?

先程説明したように、有料老人ホームに入る場合、様々な見えないお金がかかってきます。

では、実際に入居している人はどのようにお金を工面しているのか紹介します。

株や不動産による不労所得

株や不動産などの資産を持っている人は非常に多かったです。

株なら年に1~2回の配当金、不動産なら月々の家賃収入が入ってくるので、急な支出にも対応することが出来ます。

 会社を経営している

元気なころに会社を経営していたという人も多かったです。

もう子どもに代変わりしていますが、その会社が月々大きなお金を生みだしてくれているので、お金の心配をする必要がありません。

自分の年金・貯金+足りない分は子どもが援助

現役時代に貯めた貯金と自分の年金を払いながら、足りない分は子どもが援助するという人もいました。

ただ、このようなケースでは子ども自身に経済的な余裕がある必要があります

実際に私が見てきた入居者の子どもも医者、会社経営者、大手企業に勤めているという人ばかりでした。

 子どもが全額支払いする

こちらは、入居費用の全額を子どもが支払っているケースですが、先ほどと同じように子ども自身が医者、会社経営者、大手企業勤務という高所得の人ばかりでした。

 私が働いていた有料老人ホームは入居一時金50万円、月々の基本料金20万円程度(介護費、医療費は別)の施設だったので、特別高い施設ではないと思いますが、それでも年金だけでやりくりするのは、とても厳しいのが実情です。

もし、あなたの親が有料老人ホームへの入居を考えているならば、年金以外の収入源があるか、あなた自身が足りない分を援助する必要性があると考えます。

また、あなた自身が、将来有料老人ホームに入居したいと考えるなら、資金準備は貯金だけでなく、株や不動産などの資産運用もしておく必要があります。

なぜなら貯金だけの場合、お金がそれ以上増えることは無いので、自分が長生きすればするほど、そして、貯金が減れば減るほど、精神的にも不安になりますし、実際に貯金が底をつけばたちまち月々の支払いが出来なくなるからです。

そのためにも貯金だけではなく、株や不動産など、定期的に収入が得られる資産を持っておく必要があると考えます。

まとめ

特別養護老人ホーム・老人介護保険施設と有料老人ホームの違いを理解しましょう。

★今後も有料老人ホームを含めた「在宅介護」が主流になっていくことが考えられます。

★有料老人ホームの基本的な費用について理解しておきましょう。

★基本料金以外に何にお金がかかるのか知っておきましょう。

★実際に入居している人が、どのように資金巡りをしているのかを知り、あなた自身も老後に向けた準備をしましょう。 

合わせてお読みください。

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com