stellacafe

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stellacafe

医療現場から見えた社会問題をヒントに、あなたの悩み解決につながる情報を発信します。

MENU

今さら聞けない仮想通貨の基本 日々着実に仮想通貨は日本でも広がっている?!

お金
初めて当サイトをお越しの方はこちらから老後・介護・育児など生活に関する悩みを解決に導く情報をあなたに。.
知っているだけで役立つ記事ベスト31.【世にも怖い女の話】ママ友トラブルを経験して学んだ上手なママ友の付き合い方8か条  
2.子育てと仕事の両立はできる!先輩ママから学ぶストレスを3割カットする方法 
3.原因からみる老後破産する人の7つの特徴!不安な時代を乗り切る6つの対策

【スポンサーリンク】

f:id:stellacafe7:20170308095916j:plain

ある日の夜、旦那に「ちょっと気になってる仮想通貨があんねん」と言われました。

最近仮想通貨という言葉は一般的になりましたが「仮想通貨ってそもそも何?なんか危なそう。。。」というイメージの方がまだまだ強いのではないでしょうか?

私もそのように思っていた一人だったので、正直旦那の話は適当に受け流そうと思っていました。

しかし先日投稿した記事のように自分の老後に対する不安はいっぱい。

www.stellacafe7.com

せっかくなら仮想通貨を勉強してみようと思い、色々調べていると老後資金の準備として1つの投資先になると感じました。

2016年には仮想通貨法が可決され、2017年4月より施行されます。

これから日本国内でも仮想通貨は一般的なものへと変わっていくことが予想されます。

その前に仮想通貨について色々知識を深めてみませんか?

仮想通貨って何?

仮想通貨は本当は暗号通貨っていうのが正解

仮想通貨の正式名称は「暗号通貨」です。

しかし仮想通貨という呼び方で先に世に広がってしまいました。

仮想通貨という言葉もまだまだ「何それ?」という状態の中、正式名称である「暗号通貨」という言葉を使用しても混乱を招くだけだということで、多くのメディアなどでは「仮想通貨」という表現がされています。

しかし正式には「暗号通貨」というので、ここからの説明は仮想通貨のことを「暗号通貨」と表現します。 

暗号通貨はクオカードみたいなもの

暗号通貨と日本の「円」というお金の違いは国がお金として認めているかどうかです。

「円」は法定通貨といって法律でお金と認められ、日銀で発行されています。

しかし暗号通貨は国からお金と認められたものではありません。

そういうとかなり怪しいもののように聞こえますよね。

しかし暗号通貨そのものは怪しいものではなく、仕組みもいたって簡単です。

暗号通貨は暗号通貨をお金だと承認している個人や店同士でやりとりします

といっても抽象的で分かりにくいので、クオカードに例えて説明します。

1000円分のクオカードが手元にあります。

当たり前ですがクオカードは国が認めた法定通貨ではありません。

しかしクオカードを利用できるお店にいくと、その1000円分のクオカードはお金として利用することができます。

これは加盟しているお店が、クオカードもお金だと認めているからです。

逆に周囲にクオカードを利用できるお店が一店もなかったとします。

そのような場合1000円分のクオカードは何の価値もありません。

ただのカードです。

暗号通貨も同じようなもので、暗号通貨をお金だと認めた個人やお店同士のやりとりではそれをお金として扱うことができるのです。

ビットコイン長者ってどういう仕組みで誕生したの?

暗号通貨の代表格といえばビットコインです。

このビットコインが一般的に世に広まったことで、最初にビットコインを購入していた人たちが億万長者となりました。

ビットコイン6年間で価値が100万倍にもあがりました。

もし当初に1万円分のビットコインを所有していた場合、6年後に100億円にもなったのですから驚きです。

これってすごい夢のある話ですが、現実主義のあなたの目には余計怪しくも映っているかもしれません。

そんなに儲けた人がいるなら、その裏には大損した人もいるんでしょ?と思っている人もいるでしょう。

では暗号通貨で億万長者になる人のカラクリを説明します。

暗号通貨の価値の決まり方は「金(GOLD)」と似ています

法定通貨である「円」の場合は、日銀が新たに紙幣を発行することができます。

しかし暗号通貨はプログラムの段階で発行量が決まっているため、後から量を増やすことはできません。

埋蔵量が決まっている金(GOLD)と一緒なのです。

なのでその暗号通貨を欲しいという人が増えれば増えるほど、価値が上がるのです。

逆に誰もその暗号通貨を欲しがらなければ、何の価値もなくなります。

始めのうちはビットコイン自体の知名度も低ければ、利用できるお店なども少ないため欲しがる人は少ないです。

また暗号通貨の最初の販売価格は開発者が決めることができます。

そのためビットインは2010年最初の商取引では1ビットコイン1セント以下でした。

しかしビットコインが世界中で利用されるようになり、2017年にはビットコインの価値は最大150万倍にもなりました。

暗号通貨は利用する人が増えれば増えるほど、その価値が上がっていくのです。

そのため早い段階で購入している人ほど富を増やすことが出来ます。

ただここには落とし穴があって、あくまでも世の中にその暗号通貨が広がることが前提です。

暗号通貨詐欺にご注意

暗号通貨は法定通貨とは異なるので、誰でも作ることが可能です。

そのため現時点でも世の中にはビットコイン以外にも1000種類以上の暗号通貨が存在しています。

前章で早い段階に購入した人ほど利益が出るという説明をしましたが、これはその暗号通貨が普及してこそなしえるものです。

ですから何でも早い段階に購入すれは良いというものではありません。

また誰でも簡単に作れるので詐欺も多く、世の中の暗号通貨の95%以上は詐欺だといわれています。

ここで間違えてはいけないのが、暗号通貨が危険なのではなく暗号通貨詐欺が危険だということです。

なので詐欺の暗号通貨を見抜く力が必要になります。

合わせてお読みください。

www.stellacafe7.com

 

暗号通貨が世界中で広がり始めている理由

暗号通貨とは何かご理解頂けたでしょうか?

しかしなぜ暗号通貨がこんなに世に出回ったのか不思議に思われるかもしれません。

「別に今までの紙幣でいいじゃない」と。

このように思うのは日本という超便利な国に住んでいるからです。

外国の人にとって暗号通貨は今までにない便利さを兼ね備えています。

そのため世界中で暗号通貨の利用が広がっているのです。

では暗号通貨が外国の人にとってどのように便利なのかを説明していきます。

国民みんなが口座を持っているのは日本くらい

日本ではお年寄りから赤ちゃんまで誰しもが銀行口座を持っています。

しかしこのように国民一人一人が銀行口座を持っている国は日本くらいです。

口座を持っている人の数は世界平均でいうと45%

先進国であるアメリカでも約30%もの人がまともに口座を活用できていません

アメリカの場合、口座を持つだけでも毎月の維持費などが必要となるのでそれも影響していると考えられます。

日本人からすれば会社からもらえる給料も、自治体からもらえる子ども手当も銀行振り込みが当たり前です。

また買い物をした際に銀行振り込みで支払うこともあるかと思います。

しかし口座が普及していない国からすると、それら「送金」という行為が当たり前のように出来ません。

暗号通貨の場合、スマートフォンを持っていることで簡単に送金が出来ます。

国によっては口座の普及率よりもスマートフォンの普及率の方が高い国もあります

そのため外国の人からすると暗号通貨は支払い手段としてとても便利なのです。 

送金手数料に5000円なんて国もある

日本では銀行振り込みで発生する手数料は数百円です。

しかし手数料がこれほどまでに安価な国は他にありません。

アメリカの場合ニューヨークからロサンゼルスにお金を送金する場合2000~3000円の手数料がかかります。

しかし暗号通貨で送金すると、ほとんど送金手数料がかかりません。

さらに国外にお金を送金する際は、国際送金といって更に高額な手数料がかかります。

子どもが海外留学している場合など暗号通貨で送金すれば、国際送金もかからないのです。

またヨーロッパの場合、国境を越えて通勤している人もいます。

ヨーロッパにはEUに加盟しているが独自の通貨を利用している国もあります。

もし普段ユーロを使用しているのに、お給料は他国の紙幣だった場合両替をしなくてはいけません。

そのような場合にも暗号通貨があれば国境関係なく利用できるのです。

一瞬にして送金できる

日本の場合はお金を振り込んだ後、早ければ当日、遅くても翌日には送金先に届きます。

しかし海外では送金に日数がかかります。

さきほどのニューヨークからロサンゼルスの例でいうと、お金が送金されるまで3~5日かかります。

暗号通貨の場合はすぐに送金先へお金を送ることが出来るのです。 

日本で暗号通貨が浸透しない理由

日本人には必要性が低い

世界中で仮想通貨は広がり続けています。

しかし日本ではなかなか普及しません

なぜなら暗号通貨のメリットは日本では特に発揮できないからです。

国民みんなが口座を持っていて、即日送金も可能、手数料もほとんどかからないので、わざわざ利用する必要性がありません。

よく分からないものに対して「危ない。怪しい」という国民性

日本人の国民性としてよく分からないものに対して「危ない」「怪しい」と思うところがあります。

投資などはまさにその典型で、テレビやマンガの影響もあってか「株=借金地獄に落ちる」という極端なイメージを持っている人もいます。

しかしそのような人に「どうして株投資で借金まみれになるの?」と聞いても「よく分からないけど、そんな気がする」と信用取引のことを言っている訳でもなく、イメージで「危険だ」と思い込んでいる場合が多いのです。

暗号通貨も同じで、仕組などは知らないがイメージで「危険だ」と思っている人は多いのではないでしょうか。 

貯金を美学とする文化

日本人はコツコツ働いて貯金することこそが美学という文化があります。

そのため投資でお金を増やすという考えをあまり歓迎しません。

日々のお給料をコツコツ貯金して100万円貯めたという人には「頑張ったね」と言っても、投資の勉強をして運用で100万円お金を増やした人に「頑張ったね」という人は少ないのではないでしょうか。

投資に対する偏見もあり暗号通貨で資産を増やすという考え方も広がりにくいのです。

 マウントゴックス事件に対する誤解

ビットコインのイメージを一気に悪くしたのがこの事件だと思います。

マウントゴックスというビットコイン取引所の当時の社長が、ビットコインを横領して捕まったという事件がありました。

この事件をきっかけに

ビットコインってやっぱり危なかったんだ」

という印象が強く残ってしまいました。

ただこの事件を冷静に見てみると、ビットコインが怪しくないことが分かります。

なぜなら事件の内容は「社長が取引所のコインを横領した」というものだからです。

もし日本のメガバンクの頭取が銀行のお金を横領していたとして、そのニュースを見た時に「日本円って危なかったんだ」と思うでしょうか?

頭取の横領と、日本円の価値は全く関係のない話だと思いませんか?

ビットコインも一緒なのです。

ただ当時の社長が取引所のビットコインを横領しただけなので、「だからビットコインは怪しい」という解釈は間違っているのです。

しかし多くの日本国民は、このマウントゴックス事件によりビットコインは怪しいものだと思い込んでしまったのです。

日本でビットコインがなかなか普及しない一番の理由はこれかもしれません。 

2017年4月から仮想通貨法が施行!国内でも広がる可能性大!

世界では暗号通貨は広がり続けていますが、日本ではまだまだ普及には時間がかかりそうです。

しかし今は国際社会であり、世界中で仮想通貨を使った取引をしている中、日本だけ使用しないというわけにはいかなくなります。

ましてや景気回復のために海外観光客を呼び込みたいのであれば、暗号通貨を利用できる店を増やす必要性も出てくるでしょう。

実際にビットコインが利用できるお店は増えており、日本国内にも多数存在しています

日本のビットコインが使えるお店(ビットコイン決済対応店舗) | Bitcoin日本語情報サイト

そしてビットコインは利用者が増えれば増えるほど価値が上がります。

ということはAmazon楽天ビットコインが利用できるようになったら、ビットコインの価値はまだまだ上昇すると思いませんか?

実際に著名な投資家ティム・ドレイパー氏は3年以内にビットコインは1ビット100万円になるだろうと言っています。(現在ビットコインは1ビット約15万円です。(2017.3月時点))

暗号通貨が今後国内でも普及することを国も認識しており、2016年には仮想通貨法が可決されました。

btcnews.jp 

万が一のハイパーインフレにも対応できるよ

暗号通貨は国が管理している法定通貨ではありません。

そのため万が一日本円の価値が暴落しても、暗号通貨を持っていることで自分の資産を守ることが出来ます。

貯金の一部を暗号通貨に変えて長期的に保有しておくというのも、老後の準備の1つといえるのではないでしょうか。

 

注意:投資は元本が減るリスクがあります。

暗号通貨の投資において問題が生じた場合自己責任となります。 

まとめ

仮想通貨って何?

・本当は暗号通貨とよぶ

・暗号通貨の仕組みはクオカードに似ている

ビットコイン長者のカラクリ

・暗号通貨詐欺に要注意

世界中で暗号通貨が普及している理由

・口座の普及率の問題

・送金手数料の問題

・送金にかかる時間の問題

日本で暗号通貨が普及しない理由

・日本人に必要性がない

・よく分からないものを「怪しい」という国民性

・貯金こそ美学という文化

・マウントゴックス事件に対する誤解

仮想通貨法案も可決され、日本でも普及する可能性は大きい

暗号通貨は万が一のハイパーインフレの時に自分の資産を守る一つの手段といえる