stellacafe

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stellacafe

医療現場から見えた社会問題をヒントに、あなたの悩み解決につながる情報を発信します。

MENU

介護離職が貧困の入り口に!?誰もが直面する介護問題に備えて今から出来る3つのこと

老後・介護
初めて当サイトをお越しの方はこちらから老後・介護・育児など生活に関する悩みを解決に導く情報をあなたに。.
知っているだけで役立つ記事ベスト31.【世にも怖い女の話】ママ友トラブルを経験して学んだ上手なママ友の付き合い方8か条  
2.子育てと仕事の両立はできる!先輩ママから学ぶストレスを3割カットする方法 
3.原因からみる老後破産する人の7つの特徴!不安な時代を乗り切る6つの対策

【スポンサーリンク】

f:id:stellacafe7:20170314113838j:plain

 親の介護はいずれ誰もが直面する問題といっても過言ではありません。

そして親の介護問題と直面するのは、多くの場合が50代という働き盛りの年齢の時です。

そのため仕事と介護の両立を余儀なくされるのですが、結果的に両立ができずに退職してしまうケースもあります。

このようなケースを介護離職というのですが、少子高齢化が進むにつれもっと深刻な社会問題になっていくことが懸念されています。

president.jp

この介護離職の問題は明日は我が身だと自覚し、この問題を知った「今」から出来る備えをしておきましょう

 介護離職の実態

現在介護離職する人の数は年間で10万人を超えています

今後団塊の世代が高齢者になっていくことで、更に介護離職者は増加するだろうと懸念されています。

この介護離職について説明をしていきます。

 介護している人の年齢

介護をする上で配偶者、子、子の配偶者が主な介護者になる場合が多いです。

そのため介護をしている人の年齢分布をみても50~69歳までの人が50%以上を占めています。

f:id:stellacafe7:20170123145223p:plain

f:id:stellacafe7:20170123145234p:plain

これはおそらく要介護者の子または子の配偶者だと考えられます。

50~60代というと、まだまだ働いている年齢です。

今は独身世帯も多く、また結婚していても共働き世帯が増加しています。

そのため仕事と介護の問題は誰の身にも起こりうるものだということが感じ取れます。

 介護しながら働いている人の割合

介護しながら働いている人の割合は50代に最も多く見られ、その年代では女性13.1% 男性7.5%ということが分かりました。

また2011年に立命館大学が行った調査によると、40歳以上の京都市内の企業に勤める従業員254人のうち101人(40%)が介護経験ありと答えています。

f:id:stellacafe7:20170314101436p:plain

介護をしながら仕事をしている人と離職した人の介護内容を比べると、離職した人は介護の必要度が高いことが分かります。

要介護者の介護度が上がるにつれて、仕事と介護の両立が困難になっていくことが分かります。

f:id:stellacafe7:20170314101606p:plain

f:id:stellacafe7:20170314101720p:plain

介護離職に至った理由

 介護離職に至った理由として

・労働時間が長かった

・自分の都合で出社、退社時間を選べなかった

など職場環境に関することも含まれていました。

このような職場環境に関することは、本来なら介護休業に関する制度によりカバーできるはずの内容です。

先程の立命館大学の調査でも、介護経験があると答えた101人のうち、実際に介護休業を取得したのは2人、時短制度を利用したのは7人でした。

別の調査結果になりますが、介護休業を取得しなかった人の取得しなかった理由として「制度を知らなかった」というものが一番多かったという結果があります。

また他の退職理由としては、介護休業が取得できない(取得しづらい)という理由もありました。

このように職場の理解が乏しいこと、介護休業に関する認知度が低いことが、介護離職に至る主な理由といえます。

f:id:stellacafe7:20170314102754p:plain

f:id:stellacafe7:20170314103009p:plain

 介護離職の何が問題なのか

介護離職に至ることで様々な問題に直面することになります。 

まず金銭的な問題です。

離職することで収入は0になります。

その時に退職金や貯金があればそれらを切り崩して生活することはできますが、お金は使えばいずれなくなります。

また親の年金を生活費にあてる人もいますが、このような場合親の死後は収入が0になります。

また再就職を考えても年齢的な理由もあり、なかなか就職先もみつかりません。

もし再就職できても

・年収が下がる

非正規雇用になる

など雇用条件が下がってしまいます。

そのため介護離職により貧困となる人が多いのです。

次に精神的な孤立が挙げられます。

離職することで社会とのつながりがなくなり、家で介護をすることで家族以外の人との関わりも大きく減ってしまいます。

そのため精神的にも孤立してしまうのです。

精神的に追い詰められた結果、虐待や最悪の場合家庭内殺人などに発展するリスクもあります。

このように介護離職は後に様々な問題へとつながっていきます。

 介護問題に直面する前にしておくべき3つの備え

介護離職を防ぐため、また万が一介護離職せざるを得なくなった場合のため、両方に備えて今のうちから準備しておきましょう。

今のうちにできる準備は3つあります。

 介護に関する制度とサービスを知っておく

介護休業に関する制度は自己申告となっています。

そのため制度すら知らなければ、利用することはできません

制度があることを知っていたかどうかは、今後の人生を大きく左右します。

介護に関する制度とサービスはこちらの記事をご覧ください。

www.stellacafe7.com

介護しながら出来る仕事を知っておく、そして準備しておく

万が一介護離職しなくてはいけなくなった場合、在宅でもお金を稼ぐことのできる方法をまとめています。

www.stellacafe7.com

歳をとると新しいことに対する適応力も下がります。

そのため50~60代から新しいことを始めるというのは、とても大変なことです。

若いうちに在宅ワークを含め、自分でお金を生みだす力を養っておきましょう

私自身、不動産投資や株などの投資を行っています。

お金を稼ぐ方法を実践中です。

一緒に頑張りましょう(=゚ω゚)ノ 

不労所得を確保しておく

いかなる状況に陥っても不労所得があれば食べていくことができます。

不労所得は急に手に入れようと考えると大金が必要になります

しかし時間をかけて少しずつ増やしていく分には年収400万円代の人でも十分にできます

実際に私は大阪市内に中古ワンルームマンションを購入して不動産投資を行っています。

月々に家賃収入が入ってくるので、その家賃収入でさらに物件数を増やしていく予定です。

20年、30年後に介護離職をせざるを得なくなった時に備えて家賃収入だけでも生活できるように今から準備をしています。

介護離職だけでなく、自分自身の病気や万が一の失業の際の保険にもなります(*‘∀‘)

 まとめ

介護というのは、誰しもが人生のどこかで直面する問題です。

そしてどのような介護状況になるか、その時に職場は理解してくれるかは全く分かりません。

そのため最悪の事態も想定して、今のうちから準備しておきましょう。

合わせてお読みください

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com