stellacafe

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stellacafe

老後、介護、育児など生活に関する悩み解決に向けて、ナースの視点を活かして情報発信します!

MENU

授乳中でもお酒を飲みたい!アルコールを摂取する時の5つの注意点

初めて当サイトをお越しの方はこちらから1.stellacafeって何?生活の悩み解決にむけて情報発信しているサイトです。  
2.窃盗に不倫も!ゲスいママ友トラブルを経て学んだ賢い付き合い方 
3.育児ノイローゼに繋がる5つの原因を徹底解説!みさえに学ぶ9つの育児ストレス対処法

スポンサードリンク


f:id:stellacafe7:20170210100711j:plain

 突然ですがお酒はお好きですか?

お酒が好きな人なら、この妊娠から授乳期間にかけての禁酒はかなりツライものだと思います。

育児していると何かとストレスもかかりますしね。

旦那さんがお酒を飲む方の場合なら、なおさら我慢されているかと思います。

もうストレスいっぱい、我慢の限界!!

「お酒飲みたいから、授乳はやめちゃいたい!!」

と思っているかもしれません。

でもお酒の飲み方を注意すれば、授乳をやめる必要はありません。

母乳には沢山のメリットがあります。

ストレスとお酒と母乳育児、、、

上手にバランスをとって楽しく育児をしましょう!

アルコールと母乳の関係

アルコールが母乳にどのような影響を与えるか2点説明します。

1つ目はアルコールの摂り過ぎは、母乳の分泌を悪くします

これはアルコールを飲むことで、母乳の射乳反射に重要なホルモンであるオキシトシンの濃度を低下させるからです。

母乳に重要なホルモンとしてプロラクチンがあります。

アルコールはこのプロラクチンの分泌は増加させるのですが、乳汁の分泌には関係ありません。

2つ目は、母乳を介して赤ちゃんにアルコールが移行します。

ママがアルコールを摂取すると血液中のアルコール濃度が上がります。

母乳はママの血液で出来ています。

そのため、ママの血液中のアルコールが母乳を介して赤ちゃんに入ってしまします。 

飲酒後の母乳を飲んだ時の赤ちゃんへの影響

赤ちゃんはアルコールを処理する能力が未熟です。

特に月齢が浅ければ浅いほど未熟です。

またアルコール自体が、赤ちゃんのアルコールを処理するための代謝酵素の成熟を邪魔します。

そのため大人にとっては「ちょっと」の量でも、赤ちゃんにとっては「ちょっと」というわけではありません

大量のアルコールを摂取することで赤ちゃんは、一時的に眠りがちになることがあります。

大人でも酔っ払って寝る人がいます。

それと同じ状況です。

また慢性的な認知能力の低下や、発達に影響が出る場合もあると報告されています。

 お酒を飲む時の5つの注意点

上記で説明したようにアルコールは赤ちゃんに影響します。

そのためアルコールを飲まなくても我慢できるなら、飲まないに越したことはありません。

月齢の浅い赤ちゃん(特に生後1か月の新生児)の場合は控えた方が安全です。

しかし育児をしていると何かと我慢ばかりでストレスも溜まっていると思います。

たまにはお酒を飲みたいという方は以下の注意点を必ず守ってください。

一つ目の注意点はについてです。

授乳中の飲酒でも適切な量を守れば赤ちゃんへの影響は少ないとされています。

適切な飲酒量は以下のようになっています。

授乳と授乳の間にこの量以上のアルコールは摂取しないように勧告されています。

日本酒

1合

ウイスキーダブル

1杯(60ml)

ビール

500ml

サワー類(アルコール7%)

1缶

ワイン

グラス2杯(200ml)

*アルコールの分解速度はママの体質によっても異なりますので、より少ない方が望ましいです。

2つ目に赤ちゃんに飲ませるタイミングについてです。

アルコールを摂取し体内で処理されるまで早くても2時間以上はかかります。

そのためアルコール摂取後より2~3時間はおっぱいを控えましょう

おっぱいをしてからお酒を飲むようにすると調整しやすいです。

もし飲酒後2時間以内に赤ちゃんが泣きだした場合は、粉ミルクか搾乳を使用しましょう。

*その他の注意*

・久々の飲酒の場合、少量のアルコールでも酔っ払うことがあります。

 自分の体調を見ながら飲酒しましょう。

・水分を多くとる、仮眠をとるなどしても体内のアルコール濃度は減りません。

 飲酒後は必ず2時間半以上時間を空けましょう。

・授乳前に少し搾乳したら、その後のおっぱいは大丈夫!と思われる方もいますが、体内のアルコールが抜けてないので搾乳後の母乳にもアルコールは含まれます。

搾乳については以下の記事を参照ください。 

www.stellacafe7.com

お酒を飲むパパへ

ママがもともとお酒が好きな人だった場合、パパが想像している以上にストレスが溜まっている可能性があります。

私はお酒を飲みませんが、それでもSNSなどで友人が楽しそうに飲み会をしている写真をみると「いいな~」と思ってしまう時があります。

きっとお酒好きなママならもっと思っていることでしょう。

飲み会の多いパパの場合、夜にパパがいないという時点でママには育児の負担がかかっています。

お酒好きなママの場合、そこに加えて「お前だけ、いつもいつも楽しみやがってぇ!!」という感情も出てくるでしょう。

お酒を飲まない私でさえ思っています。(笑)

なので飲み会の回数は極力減らしましょう。

ママの育児ストレスを減らしてあげることで、ママ自身が禁酒を続けることができるかもしれません。

本当はそれが一番望ましいことです。

なのでパパさん、ここは一つよろしく頼みます(。-`ω-)

まとめ

アルコールと母乳の関係

・分泌量の低下

・赤ちゃんへの移行

飲酒後の母乳を飲んだ時の赤ちゃんへの影響

・酔っ払って眠りがちになる

・認知能力の低下、発達への影響

お酒を飲む時の注意点

・適切な量を守る

・飲酒後2~3時間はおっぱいを控える。

 

参考文献:涌谷桐子 すぐ使える!70の事例から学ぶ母乳育児支援ブック

合わせてお読みください。

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com

www.stellacafe7.com