stellacafe

ナース・ミントの悩み解決クリニック

育児・介護をはじめとした生活の悩みを解決する看護師ブログです。

MENU

知らないとヤバい!女性ばかりの職場にある5つの暗黙のルールとは?

初めて当サイトをお越しの方はこちらからナース・ミントの悩み解決クリニックって何?当サイトの自己紹介!

スポンサードリンク


f:id:stellacafe7:20180103000542j:plain

女性ばかりの職場には、独特な人間関係や女性にしか分からない暗黙のルールがあります。

この女性特有の人間関係を理解しないまま、女性ばかりの職場に飛び込むと、思わぬ一言をきっかけにあなたへの攻撃が始まる場合すらあります。

女性というのは

・自分よりも幸せな人間に嫉妬する

・仕事の成果よりも「女の幸せ」に敏感

・自分にちやほやしてくれる人間を味方と判断する

・ストレートに伝えないのに、気づいてくれないとイライラする

・均一な集団を求めるため、跳び抜けることを許さない

という傾向があります。

このような性質があるため、人間関係がこじれやすく、またいじめや嫌がらせも生じやすいのです。

私は看護師を9年していますが、女性ばかりの職場というのは、本当にアクの強い人間が多いんです。

そんな癖の強い面々が揃う女社会を、平穏に生き抜くためには女社会の暗黙のルールを知っておかなければいけません。

ここでは、そんな女社会を生き延びるための暗黙のルールを紹介します!

誉め言葉ひとつが地雷になることも!?

あなたは女性ばかりの職場では、誉め言葉一つで人間関係がこじれる場合があることをご存知ですか?

女性は人の発言の裏を読もうとする人が多いのですが、そのような性質があるためにこのようなトラブルが生じます。

例えば、5人の社員がいたとして上司がAさんに「Aさんはいつも丁寧に仕事をしてくれているね」と褒めたとします。

すると、他の4人の女性達は「私は丁寧に出来ていないってこと?」と、自分を否定されたと受け止めてしまう場合があるのです。

そして、その日を境に上司に気に入られているAさんが、他4人から敵視されてしまうなんてことがあるんです。

女の職場は嫉妬がうごめく怖い世界!平穏に過せる5原則を徹底解説! | 女社会の掟

気の利かない女は弾かれる!

女社会では気の利かない人間は即弾かれます。

多くの女性が「気遣い」ができることを女性らしさとして教育されています。

たとえば、

・誰かが怪我をした時に、サッとバンドエイドを差し出せるとか

・水をこぼした時に、すぐにティッシュで拭いてあげるとか

そういった「気遣い」を見せた時に「女子だね」という評価を受けますよね。

このように多くの女性が、無意識のうちに幼いことから「気遣い」できることを求められてきたと思います。

そして大人になったいま、「気遣い」こそ女性らしさと教育されてきた女性たちは、相手にも同じ「気遣い」を求めます。

そのため「わざわざ言わなくても、常識で考えれば分かるでしょ?」という具合に、相手の出方を見ています。

そんな中、ボーっと気遣いの一つも出来ないようでは

「散らかってるのが見えないの?」

「両手塞がっているんだからドアくらい開けてよ!」

など、厳しい言葉を浴びせられます。

あらゆる側面からマウンティング!

「夏休みどこ行くの?私はハワイで、○○さんはドイツなんだって。え?あなたは近場の温泉なの?」

「なんであなたのところそんなに保育料が安いの?うちは旦那が年収1000万円超えてるから保育料が高くて大変なの」

「4000万円のマンションって、むちゃ安いよね」

などなど、職場に見栄っ張りなマウンティング女がいた場合、世間話の合間に「え?それどういう意味?」という一言をぶっこんできます。

これ、客観的にみると放っておけばいいじゃんって思うんですけど、毎回の度に言われるとなかなかイラつくんです(笑)

女社会で生き延びるためには、そのようなマウンティング女子を回避する方法も身に付けておく必要があります。

マウンティング女子のマジでウザイ格付け競争を回避する6つの方法 | 女社会の掟

女性は相手を蹴落とすことで優位に立とうとする?

男性は自分に実力をつけて上に上がっていこうとするのに対し、女性は周囲を蹴落とすことで上に立とうとします。

これは女性が「選ばれる側」の性であることが原因とされています。

分かりやすくいうと、昔の大奥をイメージしてみてください。

自分の実力で国を大きくしていける将軍に対し、女性達はどんなに努力してきれいにしていても将軍に選ばれなければ正室(正妻)になることができません。

今の時代でも、エリート男性には女性が寄ってきますが、キャリアウーマンだからといって男性が寄ってくるわけではありませんよね。

逆に低収入でも、男性にモテる女性は沢山います。

このように女性は自分が努力したからといって評価してもらえる環境ではありません。

このような「選ばれる性」ゆえに、周囲を蹴落とそうという発想に走りやすいのです。

職場の揚げ足取りを黙らせたい!いちいち指摘されなくなる秘密の方法 | 女社会の掟

悪口で結束力を高めている!?

女性の職場といえば「悪口」というイメージを持っている人もいるでしょう。

想像通り、どこの職場にも口を開けば悪口しか出てこない人が存在します。

それにしても、なぜ人の悪口ばかり言うのかというと、まず一つ目に共通の敵を作る事で仲間との結束を高めようとしています。

そうすることで自分の居場所を確保しようとしているのです。

ただ悪口を言っている本人は、自分が悪口を言っているという自覚はありません。

あくまでも「自分は正論、相手が間違っている」と思っています。

そのため、自分がイライラしたことなどをみんなに話し、みんなに賛同してもらうことで「やっぱり私は正しいんだ」と再認識する場にもなっているのです。

悪口ばかり言う人の隠れた心理と自分への悪口で傷つかない方法 | 女社会の掟

もっと女の生態を知りたい!という方はこちらの記事もお読みください。

今回は5つのルールの紹介でしたが、他にもまだまだ暗黙のルールというのは存在します。

・なぜ女社会では、嘘の噂が流れる時があるのか?

・気分屋の人が機嫌の悪い理由は何なのか?

・役職でもないのに偉そうに言ってくるアイツを黙らせる方法はないのか?

などなど、女社会特有の人間関係トラブルを回避するために知っておくべきことは沢山あります。

女性ばかりの職場で生じるいじめ、嫌がらせを回避する処世術 | 女社会の掟

 

こちらのサイトでは、そのような女社会を平穏に過ごすための方法について徹底解説しています。

女社会の掟 | 女性ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

知っているだけで、変な人間関係トラブルに巻き込まれるのを防ぐことができますよ!